好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 開咬症例
 (その2)


開咬症例(かいこう、オープンバイト)の2番目の症例をご紹介します。
非抜歯で治療が行われました。 
下顎前歯にセメント質腫が見つかったため、慎重な判断が求められました。 

インターネット予約

メール相談
Home 

 


 Home 成人症例の公開 > 開咬(その2)

 
治療前  19歳 社会人女性 
患者さんの訴えでは、前歯が全く咬めないことが大きな問題で、なんとか咬めるようにしてもらいたい、というご希望でした。
 
お口元の写真
唇はやや豊かな状況、お口元は上下の唇が出たようにみえます。 
 
 
お口の中の写真
 
上下の前歯が完全に開いています。
この状態を開咬(かいこう、オープンバイト)といいます。
全く前歯は機能しないです。

上顎前歯の2本の間にすき間があります。 
下顎前歯の4本の間にも大きなすき間が見えます。
すき間のせいか、上下の前歯は前方に傾斜が強くなっています。
 
下顎の右下の大臼歯2本が内側にたおれています。
治療方針
抜歯はしません。
上下前歯のすき間を詰めることで、上下前歯の傾斜を内側に傾斜させ開咬を治します。

問題点が見つかりました。下の前歯の歯根にセメント質腫という良性腫瘍がみつかりました。
さほどに悪者のではないですが、歯に固着していると歯が動かないことがあります。
それが一番心配でした。


 
★セメント質腫
あとから詳しく解説します。
 



 
治療後 1年2ヶ月の動的治療を行いました。 


お口元の写真
 
変化が明瞭ではありません、ややお口元がしまったように見えます。
 
 
お口の中の写真
前歯の上下のかみ合わせは、良好に矯正されました。 しっかりと咬めるようになりました。

上下前歯の傾斜度は、歯が内側に入ったので
前に出た感も矯正できました。

下の奥歯の状況も改善されています。これで奥歯もしっかりと咬めるでしょう。

評価
抜群の治療結果です。 この症例は、装置撤去後2年間の経過観察中ですが、咬合は安定しています。
学会に発表できる価値ある内容です。 プロの中でも高い評価が受けられる内容です。

セメント質腫で困難なことが発生しなかったことが幸運でした。


 
          患者さんのご感想

治療の進め方や結果について

 結果はとても満足です。
 あまりに変化が早かったので、毎月の調節の日が楽しみで
 しかたがなかったです。
 1年という期間はごく短く、あっという間だったです。

 セメント質腫という耳慣れない言葉には最初は驚きましたが、
 結局何の問題もなく、ほっとしています。
 
先生への言葉

こんなにきれいに治るならもっと早くしておけばよかったです。 前歯で咬めることがすばらしいです。

治療が進むにしたがって、上下の前歯で咬むことが実感できるようになり、矯正治療の大事さがよくわかりました。

他の人にも先生の治療の正確さを伝えて、薦めたいです。
ありがとうございました。


         好田先生から
おつかれさまでした。
何といっても、セメント質腫はブラックボックスです。

これは歯を移動させてみないと、どうなるかがわからない怖さがあります。 このケースはラッキーでした。

幸運に恵まれると、あとの治療は簡単でしたね。
この種の不正咬合は後戻りしやすいという点で、難治症例とされてきました。
この症例は術後2年間の経過も安定しており、経過良好の太鼓判です。

数年後には学会発表させていただきたい内容です。
私の基本姿勢は、てがけるすべて症例を学会発表するつもりで妥協を許さずに治療を行います。
        セメント質腫について

セメント質腫とは歯質一部であるセメント質(歯根表層にありグレー色をしている、通常は骨の中にあり見ることはできない。)が異常に増殖したものです。 分類は腫瘍になっていますが、良性で悪性転化することはありません。
治療前 治療後
左の写真を見てください。歯根の先に白くまるく写った像があります。 白くなっているのはレントゲンが通りにい石灰化していると判断できます。 歯のくっついて石灰化度が高いと歯は動くことができません。 

右の写真をご覧下さい。歯の歯根がセメント質腫から離れている様子が見れます。元々歯が位置した部位は暗く見えます。 普通の骨質と同じ程度です。 歯がセメント質腫から離れて移動したことがよくわかります。 珍しい写真です。
 

 


   

好田矯正歯科   大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048  

  

このサイトは矯正歯科医師によって作製・運営管理されています。
●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000 -2007  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000