好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 開咬症例
 (その1)


開咬(かいこう、オープンバイト)症例の1番目の症例をご紹介します。
上下顎小臼歯3本抜歯で治療が行われました。 
この症例は第41回近畿東海矯正歯科学会学術大会(2001)で発表した症例です。

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 

    
  
Home  成人症例の公開 > 開咬(その1)



 

治療前 

24歳 社会人女性 
この方の主訴(患者さんが一番気にして訴えていること)は、上の歯と下の歯が全くかみ合わず、ぜんぜん食物がかめないということです。
上下のくちびるがとびだしているのも少し気にされています。
顎の成長が完全にとまった大人の方でも矯正歯科治療を受けていただくことが十分可能です。
 
お口元の写真
口唇の赤唇部分(くちびるの赤い部分)が厚みをましたようにみえ、上下のくちびるがややとびだしています。
 
お口の中の写真
 

この方、この年齢までよく辛抱なされたと思います。また、左側犬歯(向かって右側の糸切り歯)が先に抜かれてしまい歯の数が1本足らない状態です。
これが理由で、上の歯列の前歯一群が左側(向かって右側)へ偏位してしまっています。

その結果、上下の歯列(歯のならび)の中央が一致しなくなっています。さらに、残念なことに歯と歯の間が黄ばんだような部分があります。これは不正咬合(悪い歯並び)の期間が長かったために歯のお掃除がゆきとどかず、歯が変色してしまったのです。
こうなる前に矯正を始めておけば良かったでしょう。


●上下の歯が前歯から小臼歯(犬歯の後ろで大臼歯の前に2本ある)までが接触を失い全く無咬合(かみあわせがない)の状態であることがよくわかります。
治療方針
前歯と奥歯の機能向上と口元の審美性の改善のため、上顎右側第一小臼歯、下顎両側第二小臼歯の合計3本を抜歯して治療することが必要です。

上顎の前歯は、抜歯によって右側に移動させて、お顔の中心に歯を一致させます。
同時に、上顎前歯を内側に傾斜させて開咬を治療します。

下顎は抜歯によって歯列を小さく矯正して、下顎前歯の傾斜を内側に傾斜させ矯正を進め、開咬を治します。




 
 





 

治療後

1年10ヶ月の動的治療を行いました。 


お口元の写真
 
術後の写真です。患者さんが一番気にしていた部分は十分に改善できたと思います。
お口元の写真から、唇のとびでた感じがなくなりました。
その結果、赤唇の厚みが薄くなり、口元がきりっと引き締まったようにみえませんか?そうです!オトガイの部分が良くなりましたね。
 
 
お口の中の写真
上下の前歯や奥歯の咬合関係(かみ合わせ関係)が矯正され正常になりました。
前歯の関係も矯正されて食物を噛み切る機能も著しく向上しています。
また、奥歯のかみ合わせの関係も良く矯正されていて、食物をすりつぶす機能が著しく向上されています。

評価
抜群の矯正治療結果です。 

矯正歯科治療の目的は、お口元の審美面の改善ということだけでなくこの症例のように消化器官としての歯の機能を改善(回復)するという重要な役割があります。
そういう観点からみて、この症例は抜歯(歯を抜くこと)を決断することにより良い治療ができたとおもいます。

残念な点
治療中に痛みによって親知らずの抜歯をせざるを得なくなりました。 時間に余裕があったので、親知らずを抜歯せずに配列したいと思ってたのに残念でした。

●この症例は第41回近畿東海矯正歯科学会学術大会(2001)で発表した症例です。
日本矯正歯科学会認定医の5年毎の更新のときに、試問に用いた症例です。
”難しい症例をうまくまとめた”と評価されました。 


 

 


   

好田矯正歯科   大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048  

  

このサイトは矯正歯科医師によって作製・運営管理されています。
●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000 -2016  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000