好田矯正歯科/院長紹介

 
 

  

   矯正歯科を大阪・京都でお考えなら、歯並び(はならび)と歯列とかみ
 合わせの好田矯正歯科。

  院長と医院
  の紹介


治療の大部分は院長が直接処置させていただきます。
他のスタッフが診療行為をすることはございませんので、
治療期間の短縮が達成できています。
院長の31年の経験と約2500症例あまりの治療実績によって高度級な治療結果を
提供します。
 

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

  Home   院長ブログ

  
    Home  >  医院と院長の紹介・治療コンセプトの紹介


1. 院長の紹介 

2. 治療の基本方針

3. 所在地・地図

4. 院長の学術活動


 

 

 

 

院長の紹介

資格

1991年  歯学博士
1991年  日本矯正歯科学会 認定医合格(No.824)
2006年  日本矯正歯科学会 専門医合格(No
.124)
2011年 日本矯正歯科学会 専門医更新(合格No.124)
2016年 日本矯正歯科学会 専門医更新(合格No.124)


院長の略歴
1959年  茨木市生まれ。
1978年  大阪府立茨木高等学校卒業
1985年  大阪歯科大学卒業、同大学歯科矯正学講座入局
1991年  米国USC(南カリフォルニア大学)歯学部ICE課程終了
1992年 歯学博士の学位取得
1993年  好田矯正歯科開業
2016年 近畿矯正歯科研究会 副会長
 

所属学会

日本歯科医師会
日本歯科学会
日本矯正歯科学会
日本顎変形症学会
近畿東海矯正歯科学会
近畿矯正歯科研究会


院長 このサイトの作者


私達がお手つだいします!

私の治療の基本方針   

 
患者さんが納得ゆく治療を!
 
しっかりとしたインフームドコンセントを行い、納得していただいてから検査を行います。
                 (検査をしてみないとわからない・・・。という言い方はしません。)

 治療の大部分は院長が直接処置させていただきます。 
                 (他のスタッフが診療行為をすることはございません。)
 
 メールで治療上のご心配がいつでもご相談できます。
 

効率よい治療を目指して!
 治療
効率のよい手法を考えて治療に生かしています。
 これは治療期間が短くなることにつながっています。
 おのずと治療費用は低料金でリーズナブルに提供できます。
 
ミニスクリュー(インプラントの使用もこの流れです。 


治療レベルが高いこと
 
これは私の一番の誇りにすることです。 いちばんこだわっている部分です。
 患者さんからの要求と期待は、年々厳しくなっています。
 その期待に答えるためには新しい診断技術が必要です。
 当院では、
CT撮影によるハイテク画像診断を行って診断技術の向上に努力しています。
 従来のレントゲンでの透視画像では情報不足で、CTによる断層画像での診断が望ましいです。

 ここ数年、毎年症例報告を学会に行っていますが、将来も続けていけるように
 治療内容を高度にしてゆくように努力しています。
 
クリーンな治療環境
 
院内感染を100%クリアーした安全な環境で治療を受けていただけます。

  好田矯正歯科への地図

JR大阪駅より京都線 快速 普通 で15−20分程度
JR京都駅より京都線 快速 普通 で25−30分程度

JR京都線 茨木駅下車 東側へ下車
左の地図の矢印()に沿って歩いてください。
目印は阪急オカシス(旧ニッショーストア)というスーパーと”茨木駅東口”という交差点
美容院の角を左側(北側)へ曲がるとすぐ。
駅から徒歩1−5分


駅前ですが閑静な住宅街の中にありますので、女性やお子様一人での夜間の通院も安心です。

診療時間
  火、水、金曜日 午後2時 - 7時
  土曜日       午後2時 - 6時

専用駐車場
 診療室入り口前に常時2〜4台の駐車スペースを完備

好田矯正歯科 072-620-6048
茨木市駅前1−2−24

                                        

  院長の論文創作活動   院長の学会発表活動
2017年 近畿矯正歯科研究会会誌
第29巻1号 36-43
歯科矯正用アンカースクリューによる上顎大臼歯の遠心移動を行った骨格性上顎前突症例
2017年 第59回近畿東海矯正歯科学会 神戸
臨床症例報告 

第35回近畿矯正歯科研究大会 大阪
2016年   2016年 第58回近畿東海矯正歯科学会 大阪
ポスター発表
”矯正歯科医院におけるパッチテストによる金属アレルギー患者の実態調査” 
臨床症例報告 

第34回近畿矯正歯科研究大会 大阪
 
臨床症例報告 大阪
 黒田康子賞を受賞しました !


第1回日本歯科矯正用アンカスクリュー研究会JIOC ポスター発表 東京
歯科矯正用アンカースクリューを用いて著しいガミースマイルを改善したAngle ClassUdivision 2症例”
    2015年 第57回近畿東海矯正歯科学会
 
臨床症例報告 大阪
第33回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪 
2014年 近畿矯正歯科研究会会誌
第26巻1号 34-40
歯科矯正用anchor screw による上顎大臼歯の遠心移動を行った骨格性上顎前突症例
2014年 第56回近畿東海矯正歯科学会
 
臨床症例報告 名古屋
第32回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪 
    2013年 第55回近畿東海矯正歯科学会
 
臨床症例報告 岐阜長良川
第31回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪
(話題賞に選ばれました)
  近畿矯正歯科研究会会誌
第24巻1号 41-46
矯正用インプラントアンカー(仮称)を用いて上顎大臼歯の遠心移動と圧下を行った開咬を伴う骨格性上顎前突症例
2012年 第71回日本矯正歯科学科学会ポスター発表
矯正用インプラントアンカー(仮称)による上顎前歯の圧下を行ったClass II不正咬合症例について
第54回近畿東海矯正歯科学会ポスター発表
矯正用インプラントアンカー(仮称)を用いた上顎前歯の圧下について
第54回近畿東海矯正歯科学会
 
臨床症例報告 大阪
第30回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪 
2011年
日本矯正歯科学会雑誌 70巻 第1号 40-47
Orthodontic Waves -Japanese Edition
先天性欠如による歯冠近遠心幅径総和の過大を
伴う骨格性下顎前突症の治療例
近畿矯正歯科研究会会誌
第23巻1号 21-24
第二大臼歯の鋏状咬合と著しいClassU大臼歯関係
を伴った上顎前突症例

 

2011年 第53回近畿東海矯正歯科学会
 
臨床症例報告 大阪
第29回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪 
    2010年

 

第52回近畿東海矯正歯科学会
 
臨床症例報告 大阪
第28回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪 
(話題賞に選ばれました)
2009年

 

近畿矯正歯科研究会会誌
第21巻1号 32-36
両側第二大臼歯の交叉咬合を伴ったClassU不正咬合症例
2009年 第51回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告 名古屋
第27回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪 
2008年 日本矯正歯科学会雑誌 67巻 第3号 139-145
Orthodontic Waves -Japanese Edition
症例報告”
臼歯のvertical control下顎骨のclockwise rotationによる治療を行った骨格性下顎前突症例”を投稿
2008年 第50回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告 岐阜 
第26回近畿矯正歯科研究大会
 
臨床症例報告 大阪 
(優秀症例に選ばれました)
2007年 第59回近畿北陸地区歯科医学大会誌
Convex type側貌ながらもClassV不正咬合を示した症例を投稿
2007年 第49回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告 大阪 
2006年 第58回近畿北陸地区歯科医学大会誌
紙上研究発表
臨床論文”咬合平面の変化を治療に利用した上顎前突症例
を投稿
臨床論文”下顎骨のクロックワイズローテーションのよる顎整形的効果を得た骨格性下顎前突症例
を投稿
2006年 第48回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告 大阪 
第65回日本矯正歯科学会(札幌)
 
専門医試問合格症例の報告
2005年 第57回近畿北陸地区歯科医学大会誌
紙上研究発表
臨床論文”混合歯列期より成長終了期まで
治療が及んだAngle ClassU症例”
を投稿
2005年 第47回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告 名古屋
    2004年 第46回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告 岐阜
    2003年 第45回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告
    2002年 第44回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告
    2001年 第43回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告
    1999年 第41回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告
    1995年  第37回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告*
1992年 日本矯正歯科学会雑誌 第51巻 31-39
原著学位論文”ラット矢状縫合のコラーゲンに及ぼす拡大力の影響”を投稿
1992年  第410回大阪歯科学会
 学位論文の内容を発表
第34回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告
1991年 日本矯正歯科学会雑誌 第50巻251-260
原著論文”下顎前歯の望ましい位置付けをおこなうための一考察”を投稿
1991年 第14回近畿東海矯正歯科学会例会
 口演発表
第50回日本矯正歯科学会記念大会
 学位論文の内容の一部を発表
第33回近畿東海矯正歯科学会
 臨床症例報告
1990年 顎変形症研究会会誌 第9巻27-28*
臨床論文”顔貌正中線決定に苦慮した顎変形症患者の2症例について”を投稿
歯科医学 第53巻381-391
原著論文”開咬を伴う骨格性下顎前突症の術後再評価について”を投稿
1990年 第32回近畿東海矯正歯科学会 
 臨床症例報告
1989年
顎変形症研究会会誌 第8巻75-79*
臨床論文”全上下顎同時移動術を行った高度下顎前突の一治験例”を投稿
   
1987年  顎変形症研究会会誌 第6巻 24-26*
臨床論文”矯正前処置としての上顎臼歯歯槽骨皮質骨切り術の試み”を投稿
1987年 第11回近畿東海矯正歯科学会例会
 口演発表*

                                       


好田矯正歯科 茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048                                   
     ●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医
Copyright(C) 2000-2015  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
Since 10 February 2000