好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都・神戸でお考えなら専門医の好田矯正歯科。

 下顎前突症
 (その6)


下顎前突症の6番目の症例をご紹介します。
下顎第一大臼歯を1本抜歯という変則的治療によって、
難度の高い症例でしたが、治療は無理なく目標を達成しました。 

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


 Home 成人症例の公開 > 下顎前突症(その6)

 

治療前 

22女性 
患者さんの訴えでは、下の前歯が”受け口”状態になっていることを一番の主訴としておいでになりました。
 
お口元の写真
下の唇がやや出ているように見えます。 
正面からみると下唇の赤唇部(赤い部分)が厚く見えます。
(この部分が治療で変化します、覚えておいてください。)
お口を閉じたときのほほの緊張が見られます。
下の前歯が出ているのを無理やりに唇を閉じるのでそうなっているのでしょう。
 
 
  お口の中の写真 
下顎前歯の6-7本が受け口状態です、かなりの程度です。 難度は高いです。
上下の前歯の中央が一致していません。下の前歯が右側(向かって左側)に偏位しているからです。(右上写真-緑の線)
奥歯の咬み合せも下顎が前にでている咬合です。左側でその傾向が強いです。青の線と緑の線が一致しているのが正常咬合です。

診断 
この症例は下顎前突症です。 
骨格性の問題です。下顎の右への歪みも含んでいます。
治療方針
下顎の多数の歯を内側に入れないといけません。 普通は親知らずを抜歯して奥歯を後退させます。 しかし、下顎前突の度合いが強いので左下の第二大臼歯を(緑の⇒)抜歯しました。 そのかわりに左下は第3大臼歯を前に移動させてスペースを閉じます。 このときの力で前歯全体を後方かつ左に移動させるのです。 その他は親知らずを3本抜歯しました。
 この治療方針はきわめて特別です。
技巧に富んだこった内容ですね。 でも、こうしないと上下の歯列中央の一致が難しいです。


 
 
上顎の青線と下顎の緑線を一致させるこ  とが治療の目標になります
 



 

治療後

2年8ヶ月の動的治療を行いました。 
平均より期間がかかっています。 難度の高さから考えてしかたがなかったです。

お口元の写真
 
変化がはっきりとわかります。 
下唇部分が引っ込みました、そして下唇の赤唇部分が薄くなったように見えます。
うんと改善された印象ですね。
ほほの過度な緊張も薄れたように見えます。
 
 
お口の中の写真
奥歯の上下のかみ合わせは、1対2歯に咬みこみ理想的状態です。(右中下写真) 
歯列の形状も理想的です。(左上下写真)
上下歯列の中央は上下で一致しています。
(右上写真)

評価
矯正治療では、抜歯をいろんな場面で使います。今回は左下第二大臼歯を抜歯してスペースを閉じる力を利用して下顎前歯全体の移動を行いました。
 左下第三大臼歯の抜歯ではこのようにはいかないでしょう。


 
           患者さんのご感想

治療の進め方や、現時点の結果について

 結果には満足しています。
 期間も思ったより短かったです。
 矯正を考えている友達に薦めています。

治療前に不安だったこと
 期間がどれくらいかかるか不安でした。

先生とスタッフへの言葉

 いつも優しく楽しい会話でよかったです。
 装置を装着して2−3ヶ月目に、
しめつけ感に一時耐えれなく不安になりましたが、 
先生に ”いつでも電話してきていいよ” と言われ、
安心してがんばって乗り越えることができました。

結果はすごく喜んでいて本当に感動しています。
 矯正して本当に良かったと思います。
 ありがとうございました。大変、感謝しています。
          好田先生から

最初にはそんなこともありましたね・・・。 
思い出しました。
電話がかかってきて、泣きそうになってましたね。
そうですか、そうだったんですね。 
忘れかけていました。
私のたわいのない一言があなたの治療を支えた訳です。
今ごろになって知りました。

外科的処置を行わないで、矯正歯科単独で行う治療としてはこれは限界に近いと思われます。
 そのため、今回の治療期間を要しましたがよくがんばっていただきました。 ありがとうございます。
大変に良い治療結果に私も満足しています。
この様な良好な結果を得ることは、そう何度もあることではないでしょう。 学ぶことは多かったように思います。

冷静沈着に診断し地味にコツコツ努力を重ねた”熱い”
治療となりました。 
 

   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

   

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医
Copyright 2000 -2016  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000