好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 上顎前突症
 (その8)

上顎前突症の8番目の症例をご紹介します。
複数の歯が欠損していて、上顎の前歯の前突と奥歯の咬合の厳しい症例でした。

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


 Home成人症例の公開 > 上顎前突症(その8)

 

治療前 


 

 

 

 

37歳女性主婦
歯科医院からの紹介お越しになりました。
 "下顎の歯の欠損が多く奥歯が前に傾斜していてブリッジの治療ができないので、
MTM(一部矯正)で下の奥歯を直立させてもらって下さい"
 
という依頼内容でした。
ところが、それに加えて患者さんは上の前歯の根元の歯ぐきが盛り上がって出ていることの方を気にされました。
 
お口元の写真
上の唇がやや出ていて、鼻の下の部分も厚みが豊かに感じます。 
上唇の赤唇部(赤い部分)が厚く見えます。
 
 

お口の中の写真 
上顎前歯3本が連結された”差し歯”です。
元々の上顎前歯はかなり前突したものと予想されます。 この前歯の傾斜を人工的に内側に倒して作製されたため、根っこの部分のみが前に出て見えて違和感があるのです()。

上顎の右側の小臼歯が一本足りません。
左側ぼ第一大臼歯が大きく削られていびつな形になっています。 右側の第一大臼歯は古い金属冠で歯の一部が露出しています(左上)。

下顎には欠損が複数あります。
右側は第一大臼歯が、左側は第二小臼歯と第一大臼歯がありません。 後ろの大臼歯がひどく傾斜しています。 歯を喪失してから相当の長期間放置されたようです。 咬合は完全に崩壊しています(右下模型)。

診断 
上顎前歯の歯ぐきの部分が出ているということは上顎前突症です。 

治療方針
上顎前歯の差し歯を一時的に作りかえます。(理由は、詳しくは次で説明します。)

上顎でどこかの歯を抜歯したいのですが、歯が悪いので考慮が必要です。 左側は削られた第一大臼歯を抜歯し、右側は古い金属冠を撤去して得られるわずかな隙間を使います。

下顎は前に傾斜した大臼歯を直立させて、将来のブリッジによる歯科治療を受けやすくします。 欠損部位を完全に閉鎖することは不可能ではありませんが、上下の奥歯の関係からするべきではありません。

MTM治療では限界を超えています。
全体の矯正治療が必要です。




模型 
上下の歯を咬まないようにうかせてあります。

 



治療開始準備
 
お口の中の写真 
上顎前歯には3本が連結された差し歯がありました。 この連結を解かなくては歯が動きません。 矯正治療の前段階として仮歯に換えます。 

仮歯を作る際には工夫が必要です。

上顎前歯は元々かなり前突したものを傾斜を人工的に内側に倒して作製されたことは先に述べました。

仮歯は元々の歯の状況をできるだけ推測して再現します。 
仮歯の傾斜は前突の状況にしないといけません。 

そうしてから、矯正で仮歯の傾斜を改善します。 すると、仮歯の歯冠と歯根部分の両方が後退します。 歯ぐきのもっこりと盛り上がった部分がへこむわけです。

 また、仮歯の長さにも配慮します。
上顎前歯の左右の歯ぐきのラインを見て下さい。 明らかに左右差がありますね。

この差にあわせて、左右の仮歯の長さも差をつけおきます。 つまり右側(向かって左側)の仮歯の長さを短くするわけです。 

そうしてから、矯正で左右の仮歯の先端を合わせます。 すると、左右の歯の歯ぐきのラインが合って来ます。

 



 

治療後

 

 

 

 

1年7ヶ月の動的治療を行いました。 

お口元の写真
 
変化がはっきりとわかります。 
上唇部分が引っ込みました。
上唇の赤唇部分が薄くなったように見えます。 

 

 
 


模型
下顎の前方に傾斜した大臼歯を直立できています。 ブリッジの治療がしやすくなり良い補綴物(ブリッジの本体のこと)が装着されました。 咬合平面が水平化できています。
理想的な治療結果です!
お口の中の写真
奥歯の上下のかみ合わせは、1対2歯に咬みこみ理想的状態です。(右中下) 
歯列の形状も理想的です。(左上下

上顎左右の前歯の歯ぐきのラインは、見事に一致しました。 差し歯は審美性の良いものが入れていただけるでしょう(右上)。

”上顎の歯ぐきのもっこり感”はどうでしょうか?
少しは改善したようです。 下顎の前歯との関係をご覧いただければわかるでしょう。
上顎は抜歯する歯についての制限を受けたので、ちょっと残念ですがしかたがないでしょう。

上下歯列の中央は上下で一致していませんが、差し歯の治療で合わせることができます。
右上

上顎の左側の第二大臼歯も大きく削られていましたので、わざとスペースを空けて動的治療を終了しています。 第二大臼歯の歯科的治療で歯を大きくして作っていただきます。(左上

下顎はブリッジの治療を先に済ませてから、矯正装置を撤去しました。 
こうしないと歯が簡単に動いてしまって、歯科治療ができないからです。(左下

今後の予定
上顎の右側の第一大臼歯と左側の第二大臼歯の歯科的治療。 保険治療では金属冠になるでしょう。 半年ほど間隔をあけてから、上顎前歯のセラミック冠による審美的治療が歯科の主治医の元で行われます。
完成すれば報告します。


評価
長らく歯科の治療を放置されていて咬合が崩壊していましたが、歯科と矯正歯科の総合力で咬合を再生することができました。 とても良い治療内容であると思います。

歯を失った方でも、考えて治療を行えばなんとかできるチャンスが生まれます。

前歯が差し歯の方
このように矯正の前段階を丁寧に行えばが矯正後の審美歯科的治療もうまくゆくことがおわかりになったと思います。 

 

 

 


   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

   

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000 -2016  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000