好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 上顎前突症
 (その6)


上顎前突症の6番目の症例をご紹介します。
歯を抜くことなく、高度な治療結果が得られました。 
好田矯正歯科の基本的コンセプトにしたがって行われた症例です。 

インターネット予約 

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


   Home  >  成人症例の公開 > 上顎前突症(その6)

 

治療前 


15歳、中学生の女性

患者さんの訴えは、左(向かって右)の上の前歯の出て重なっていることです。  この位の年齢の方は、私たち大人が考える以上に外見を気にしておられます。 多感なころなのでできるだけ優しく接するように心がけています。

お口元の写真
軽度の骨格性上顎前突症(出っ歯)ですね。 鼻の下の骨の部分がやや前にでていますが、唇のかたちやオトガイの形はバランスが取れています。 ただし、笑った横顔では、上の前歯がでていますね。 また、下の前歯との前後的落差が大きく、機能的なバランスを欠いています。

 
 

お口の中の写真 
軽度ですが、上下顎の歯列がV字個々の歯は凸凹しています。 上顎前歯の2本が特に前に傾斜して出て、左右が重なっています。(左写真)

右奥(右中段の写真)の臼歯の関係では、下の臼歯に比較して上の臼歯が前に来ています。 その結果、上下の臼歯が接触してもその間には隙間がありますね。 左奥歯のほうはほぼ理想に近く、隙間はあいていません。(右下段の写真)

診断と治療方針
 この症例の分類は骨格性上顎前突症ですが、骨格の異常は軽度です。 この症例は抜歯をしないですみます。 上顎の大臼歯(特に右側)を後方移動させることで、上顎歯列全体を右後方にずらすことができます。 くちで言うのは簡単ですが、実際には難しい移動様式です。 患者さんの理解と協力が不可欠な症例です。



 
 

治療後


年1ヶ月
の治療期間です。 非抜歯治療にしては期間がかかりすぎです。 それには理由があります。 先にも述べましたが、この患者さんは人に見られることの嫌さゆえ、治療への努力と集中が不足しました。 私たちは、何度も励ましながら治療をすすめました。 協力が得られるまで、私は辛抱強く待ちました。 最後には私たちの気持ちが通じたようで、彼女は目を見張るような意欲を示し、すばらしい治療結果を与えてくれました。


お口元の写真
 
大きな変化ではないですが、 鼻の下の部分もへッこんですっきりした感じです。 お口元の審美性はよりバランスが良くなったように感じられますネ!

 
 

お口の中の写真
上下顎の歯列は完全な状態です。 非常に良いU字型になっています。(左写真)

上下の前歯の関係はオーバートリートメント(後戻りを見越して、多い目に治療しておくこと)されています。(右上段の写真)

奥歯の上下のかみ合わせは、ファスナーがかみ込むように完璧な状態に仕上がりました。 上下の前歯の機能的なバランスも改善されました。
(右中段の写真)
 
 



  
  模型での評価 
 

治療前

治療後
術前の模型です。 上顎の歯が全体的に前(右)にずれています。 小臼歯の半分、約3mm程度です。 治療のポイントは、臼歯を後方(左)に3mm送って安定させて、次に前歯をひっこめることです。
 お口の中は狭いところなので、3mmは大きな数字なのです。












上下の臼歯の関係が理想的になりました。
先にも書きましたが、まるでファスナーのようでしょう!
(チャックですか?)
前歯をきれいに配列するには、まず奥歯からしっかりと治さなくてはいけないのがお分かりになるでしょう。

 この内容はたいへんに高度な治療内容です。 十分なインフオームドコンセントと患者さんの治療への深い理解と協力が得られた結果です。
  この方、途中で何度もくじけそうになりましたが、その度ごとに励まし力づけました。 そして、最後はよくがんばることができました。 この治療結果は、この方(子)がわたしにくれた贈り物です。 すばらしい思い出でになりました。

   今回の治療はすばらしい目標に到達しましたが、これはすべてこの患者さんのご努力によるもので、私は少しお手伝いしただけなのです。
  

 


   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

   

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000 -2016 Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000