好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 上顎前突症
  (その4)


上顎前突(上あごが前に出ている)症の4番目の症例をご紹介します。
先天性欠如といって、生まれつき永久歯が6本少ないという困難な状態でした。 
しかし、その欠点をうまく利用して治療が完結できました。
治療後6年6ヶ月経過しましたが良好に推移しています。

インターネット予約 

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 

     
   Home  >  成人症例の公開 > 上顎前突症(その4)

 

治療前 

  18歳、成人女性 学生さんです、のご希望は上の前歯の出た感じと、口元を引きしめたい、ということでした。 
 中高生からずーと気にしていたところ、大学合格をきっかけに矯正治療をご決断されました。 非常にクレーバーな方だったので、一度説明すれば理解が速く、治療にたいしてたいへん協力的でした。  
 ところが、いくら頑張ってもどうしようもない困った問題点がありました。
さあ、どのように解決したのでしょうか? 読んでいくとわかりますよ。

 お口元の写真 歯だけでなく上あごの骨格から前突している傾向が明らかにみられます。 鼻の下の部分も前にでていますね。 笑ったお口元を作ると、上の前歯が出ていることが原因して、上くちびるがめくれ上がるようになってしまいます。 さらに、オトガイ部が後退しているのでよけいに上の前歯が出て見えます。 上下の唇を閉じていただくと、オトガイがつぶれたように見えます。 ちょうどオトガイに梅干の種を作るような感じです(この件は他のページでも記載しています)。 これは上あごの前歯が突出し上下の唇を無理やり閉じなくてはならないために、オトガイ部に生じるオトガイ筋の過緊張が原因です。 

 
 

お口の中の写真では、全体の印象では歯並びそのものはそこそこに並んでいますが、上顎前歯の2本が特に前に傾斜して出ています。(左上) 歯の根元の歯ぐきから出ていますね。  前歯のかみ合わせは深すぎて、下顎前歯はほとんど前から見えない状態ですね。 (右中下) そして、上下の前歯には前後的な差が大きすぎます。 これでは前歯で食物が噛み切りにくいはずです。

 先に述べた、困難な問題点は、永久歯が足らないことです。 生まれつきに永久歯が欠如しているのです。 上顎では左右とも前から5番目(後ろから3番目)の歯は乳歯です。 本来、後続するはずの永久歯が2本ないのです。 下顎では左右とも小臼歯が4本”ない”のです。 左下にはブリッジの人工歯で補われ、右下は倒れかかった乳歯がそののまま残されています。 合計6本の小臼歯が先欠なのです。 こんな困難なケースもあるのです。 さすがに私も困りました。 歯がないのはどうしようもありません。 しかし、この症例は永久歯が全部そろっていたとしても、4本の抜歯が必要なケースです。 だから、下顎だけが2本少ないと思って治療をすすめればよいのです。 

診断と治療方針 
骨格性上顎前突症。
上顎の第二乳臼歯2本と下顎の第二乳臼歯を抜歯し、下顎左側のブリッジの人工歯を切断する。 空隙を矯正治療によって閉鎖して、上の前歯を後退させる。
矯正終了時には下顎にブリッジの再製で終了する。




 
 

治療後


1年11ヶ月の治療期間でした行いました。 時間を十分にかけて存分に治療をさせていただけました。 一度、説明すれば理解の早い人だったので接しやすかったですね。

お口元の写真
 有効な変化が見られました。 上下の唇を閉じたときのオトガイがつぶれた様子が改善されたようでしょう? 
また、笑ったときのお口元のきれいなこと! 上唇がめくれあがるような感じは全くありません。 鼻の下がへッこんですっきりした感じですね。
私には上下の唇の厚みも薄くなったように感じられます。
お鼻が高くなったように見えませんか?
 
 

の中の写真、上下前歯の状態はたいへん良好です。 上下の前歯の前後的差が少なくなりました。  咬合機能からだけでなく、見た目も美しく完璧にちかいできです。 
 
上の前歯の出た感じは改善されました。 歯の根元の歯ぐきが出ていたのもへっこみました。 歯の根元の周囲の骨がへこむことで、歯ぐきもへこんできます。 この様な骨の変化を”骨の改造”とよんでいます。 骨の改造によって、上唇の後退が可能となるのです。  

”私の治療を受けていただく方には、この程度の治療結果は約束されたも同然です。” なーんて、ちょっといい格好をしましたが、いつもこの位のことはしてあげたいと思っています。
 
さて、先欠の歯のことですが、上顎は乳歯を抜歯してスペースを閉じ、問題なくまとまりました。 下顎は永久歯2本分のスペースを残して終了しました。 そして、矯正装置を撤去すると同時に、近隣の開業歯科医で私が信頼をおいている先生にブリッジの治療をお願いしました。 白い歯でブリッジを作っていただいたので、患者さんは二重に満足しておられます。 

永久歯がたりないという問題点を逆に利用して、矯正治療で審美と機能回復ができました。 治療期間も短期間でよくやれたという評価が正当と考えています。



 
  
評価 
成人の矯正治療では、患者さんのニーズに合わせた治療が必要ですが、 この方は治療期間よりも治療内容を重視しておられましたので、 その方向に沿って治療をさせていただきました。 
理解力が深く、治療にたいへん積極的な方で、 この様な患者さんであれば、少々の困難を併せ持った症例でも克服は容易なんだということがよくわかりますね。
私もよい経験をさっせていただきました。 
 
 

その後の経過


6年6ヶ月後です。
装置を撤去後6年半です。
現在も保定が行われています。


お口元の写真
 
お口元は大きくは変化してません。
以前よりスッキリされた感じですね。
 

 

お口の中の写真

歯列の状態は良好に推移しています。
上顎の右側の第一大臼歯はセラミックのクラウンに換わっていますが、全体としては変化がありません。

ご本人がまじめで、リテナー(保定装置)をしっかりと使用してくれています。 夜のみのご使用で週に数回装着をしていただきます。
たったその程度のことで、これだけの治療結果が維持されるのです。

私は保定装置の使用期限を決めていません。 できる方にはいくらでも長く使用をお薦めしています。 こちらも責任を持ってフオローをしています。

皆様もこの方のようにがんばって治療結果を大事にしていただきたいです。
 


 

 

 

   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

   

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000 -2016 Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000