好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 上顎前突症
 (その13)

上顎前突症の13番目の症例をご紹介します。
25歳 成人女性 普通によくあるガミースマイルを伴った
上顎前突症例です。 上下顎2本ずつ4本抜歯で治療した例です。

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


 Home成人症例の公開 > 上顎前突症(その13)

 
治療前 

25歳 成人女性
この方は、上の唇が出ていることをすごく気にされています。
笑ったときに上顎の歯ぐきが目立つこと(ガミースマイル)も気にされています。 

お口元の写真

上の唇がかなり出ていますねえ。おまけに、形も厚みがあって変ですねえ。
上顎前歯の先端に上唇が引っかかるようになっているのでしょう。
オトガイの形もよい状況ではないですねえ。他のケースで何度も触れていますが、オトガイ筋という筋肉が緊張しています。上下前歯が前突していると唇が閉じにくくなります。無理をして閉じると写真のようにオトガイの形が崩れてしまうのです。
これも、矯正と関係があるのです。矯正歯科治療で改善させることができるんです。
笑ったお顔では、歯ぐきが少し露出しますね。めちゃくちゃ露出してるわけではありませんが、改善したほうがいいでしょう。

 
お口の中の写真 
上下歯列ともに叢生(でこぼこのこと)があります。上顎は軽度。下顎は中程度。
下顎前歯が上に伸び上がってます。前歯の咬み合わせが深くて、下顎前歯半分が見えない状況です。
これを過蓋咬合(かがいこうごう)といいます。程度は中程度でしょう。

上顎前歯は前突しています。唇側傾斜といいます。上顎前歯の根っこの部分は逆に後側にあります。
こういう前歯の傾斜を持つ ”出っ歯” は典型的なものです。比較的易しく治すことができます。
上顎前歯の前突を改善すると、この程度のガミースマイルは治ることが多いです。

奥歯の上下のかみ合わせ関係を見ると、上顎の奥歯が下顎の奥歯よりも少し(2-3mm)前にある関係です。
軽度ですが”U級大臼歯関係” と呼びます。

上顎前歯が前突している典型的な”上顎前突症”または”出っ歯”に分類される不正咬合です。

診断 
前歯の過蓋咬合と叢生を伴う上顎前突症

治療方針
上顎前歯の傾斜を正しくします。前歯は内側に傾斜させて後退させます。上顎前歯の根っこの位置も後退できれば、歯
 ぐきの位置もへっ込みます。
 このためには空隙が必要です。上顎小臼歯を2本抜歯して空隙を作ります。

下顎前歯には叢生があります。また、下顎前歯を骨にめり込ませて、咬み合わせを浅くしてゆきます。
 このためには空隙が必要です。下顎小臼歯を2本抜歯して空隙を作ります。

上顎大臼歯(奥歯)の位置の維持
 上顎前歯を後退させるのがこの治療の主な目的です。
 ところが、上顎前歯を後退させるときには上顎大臼歯が前に来ることが多いのです。大臼歯が前にくると前歯の後退量 
 が減ってしまいます。これは質の低い治療になります。せっかく抜歯しても、前歯の後退量が少なくなってしまうからです。
 歯科矯正用アンカースクリュー(OAS、矯正用インプラントのこと)の出現で可能になりました。

使用装置
歯の外側のエッジワイズ装置

 

治療中

上記の治療方針のを同時に進めています。
上顎前歯を後退させながら、骨にめり込むように動かせています。
下顎前歯を骨にめりこませるように動かせています。
治療中
上顎に歯科矯正用アンカースクリューを使っています。
左右で使い方が違いますが目的は全く同じです。
本来は、向かって左側の使い方を基本としています。しかし、右側は歯科矯正用アンカースクリューが脱落してしまったので、違うところに入れなおしているのです。
これによって、
上顎大臼歯が前に来ることを防いでいます。
こういう使い方が当院の普通の使い方です。

昔のこういうものがなかった時代に比較して、うんと治療結果が良くなっています。

 

 

治療後 (3年3ヶ月の動的治療の結果)

お口元の写真
上の唇の突出は大きくされました。オトガイの形も改善されました!(私の主観です。)
ガミースマイルもついでに改善されました!(私の主観です。)
抜歯の治療結果がいかんなく発揮された治療例です。
すごく綺麗になられましたね。(私の主観です。)

 
お口の中の写真
上下歯列ともにきれに配列できました。
前歯の咬み合わせはうんと浅くに改善されました。
上下前歯の傾斜は正しくなりました。
上顎前歯の裏側に細い金属線が入っています。これはリテーナーといって、歯を固定して動かないようにしておく装置です。裏側から接着剤でとめてあります。下顎にも使います。写真を撮影する順番でたまたま写っていないだけです。

上顎の奥歯と下顎の奥歯は正常になって、”T級大臼歯関係” となりました。
奥歯を治せば、このように前歯は自然に正常になるのです。

評価
上顎前歯は、7〜10mmほど後退しているはずです。
治療期間が3年3か月。もう少し短ければなお良かったです。しかし、十分かそれ以上のあまりある治療結果と考えます。
横顔の変化が得られた治療です。(私の主観です。)
●ここまでの治療費(消費税含む、令和元年5月1日現在)
検査料5.8万円
矯正料69万円
再診料3800円x39回

この治療で生じる可能性があるリスク説明
◆すべての治療が計画通りに行くとは限りません。努力しても目標に到達できないこともあります。
◆上記の治療期間はおおよその目安で、治療内容によれば更に時間が必要なこともあります。
◆装置に慣れるまでお口の内側が痛いことがあります。
◆歯の移動時には痛みが伴うことがあります。
◆治療中にはしっかりと歯と歯ぐきの清掃をしないと虫歯や歯周病ができることがあります。
◆口腔衛生管理はあなたの自己責任でしっかりと行ってください。
◆症例によっては、歯ぐきが退縮することがあります。
◆症例によっては、歯根吸収が生じる場合があります。
◆症例によっては、歯髄壊死が生じる場合があります。

◆症例によっては、歯を失う場合があります。
◆症例によっては、歯が破接する場合があります。

◆症例によっては、歯の表層のエナメル質に元からあるクラック(ひび)が目立つことがあります。
◆人工物が装着されている歯は、傷ついたり破折したりすることがあります。

◆人工物が装着されている歯は、人工物と歯の継ぎ目が目立つことがあります。
◆人工物が装着されている歯は、矯正治療後に作り直さないといけないことがあります。

◆関節の状況が元々よくない人は、顎関節症が発症することがあります。
◆動的処置後に装置を撤去しますが、必ず歯は少し動いたり隙間があいたりすることがあります。
 これをできるだけ最小限にとどめるために保定処置は重要です。 2年間は必ず通院してください。
矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を複数本数使用する可能性があります。
◆矯正治療後に第三大臼歯を(親知らず)を抜歯しないと思わぬ悪い結果につながることがあります。
◆治療は長期になります。 将来、その他不測の事柄が現れることもあります。
◆ストリッピング、カウンタリングといって歯と歯の間や歯の先端の形を整えるために削ることがあります。
◆装置の作製、撤去には長い時間が必要です。 あなたのご協力をお願いします。

◆治療の予約時間は、混雑時には常にご希望のとおりにできないことがあります。
◆できるだけ毎回説明を含めながら治療をすすめますが、お口の状態は毎回変化しますので、  説明内容や治療手順は前回の説明と細かな点で異なることもあります。
◆矯正料はご予定の期日までに郵便振込でお支払い下さい。お支払方法は治療の進行に従って分割でお支払いください。
◆矯正料のお支払いが予定期日より大きく遅れますと、治療を継続できなくなることがあります。
◆虫歯の検診や治療費および抜歯等の外科的処置は上記の矯正費用に含まれていません。
矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)の費用はすべて含まれています。
白いワイヤーのご使用は、一回あたり追加費用1500円が必要です。ただし、治療段階によってご使用いただけないことがあります。
◆治療に必要な歯ブラシはご購入いただきます。
◆あなたの結婚式等の自己都合で装置を撤去ご希望の場合、5000/歯の別の費用が必要です。
◆上あご前歯にはセラミック製装置を使用します。
◆下あご前歯には金属製装置を使用します。セラミック製装置を使用すると上あご前歯の先が欠けてしまうことがあるからです。それでもセラミック製装置を使用して生じる問題については患者様の自己責任となります。
 セラミック製装置から金属装置への交換は、5000/歯の費用が必要です。
◆矯正装置を紛失または破損されますと、再診料に加えて別途費用(材料費等)が発生します。(1000-20000)
◆領収書は再発行しておりませんので大切に保管しましょう。
◆再診料は将来改訂されることがありますのでご了解ください。
◆当院では、治療内容や結果を学会等で学術的な目的に使用する場合があります。

 


   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048  

   

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 
Copyright 2000 -2018  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000