好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 上顎前突症
 (その11)

上顎前突症の11番目の症例をご紹介します。
27歳 社会人女性 アンカースクリューを使って非抜歯
で治療した例です。

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


 Home成人症例の公開 > 上顎前突症(その11)

 
治療前 

27歳 社会人女性
この方は、歯のでこぼこ(凸凹)とお口元が前に出ていることを気にされています。 

お口元の写真

上下の唇が少し出ているように感じられます。
オトガイがやや後退しているようにも感じられます。

 
お口の中の写真 
上下歯列ともに叢生(でこぼこのこと)が小臼歯よりまえに集中しています。

上下歯列の前歯の中心が一致していません。

上顎左側犬歯(右上の写真、前から3番目の歯)がありません。
レントゲンで調べて骨の中にも埋まっていることがわかったのですが、後ろの小臼歯(4番目の歯)が前に来てしまって、犬歯が出てくる場所が十分ではありません。

奥歯の上下のかみ合わせ関係を見ると、上顎の奥歯が下顎の奥歯よりもうんと前にある関係です。これを”U級大臼歯関係” と呼びます。
上顎の緑の線と下顎の青の線が一致しているべきなのです。
この症例では、上顎の奥歯がいかに前に来ているかがよくわかるでしょう?

上顎の奥歯が前に来ている不正咬合も”上顎前突症”または”出っ歯”に分類されるのです。

診断 
上顎
左側犬歯の埋伏と叢生をともなう上顎前突症

治療方針
上顎左側の埋伏犬歯を開窓牽引(ひっぱりだすこと)
 これは必ずしも成功はしません。出てこない可能性も考えとかないといけません。

上顎歯列全体の後方移動
 上記の写真の
緑の線を後方へ移動させて下顎の青の線と一致させます。
 上顎左側犬歯の並ぶ場所がありませんが、これによって場所ができてきます。 
 しかし、この治療方法は簡単ではありません。5−6年以前ではほぼ不可能な計画でした。
 矯正用アンカースクリュー(TAD、矯正用インプラントのこと)の出現で、可能なこととなりました。

下顎の配列
 かなりの叢生(でこぼこ)です。小臼歯を抜歯したほうがいいのです。
 
ご本人の強い希望で非抜歯に!
 
抜歯で説得してたんですが、非抜歯になってしまいました。
 下記の理由で、うんと難しい治療計画でした。


小臼歯4本抜歯について
 
小臼歯を抜歯をすると、抜歯空隙を使って下顎の奥歯を前に持ってくることができます。
 
下顎の青の線が自動的に前に来るのです。
 となると、緑の線を後方へ移動すること、つまり上顎歯列全体の後方移動量を減らすことが
 できます。これは治療をうんと易しくしてくれます。
 となると、上下小臼歯4本抜歯は利益が大きいです。お口元の変化も大きくなります。
 また、1で犬歯が出てこなかったときには、その犬歯と反対側の小臼歯と下顎両側小臼歯の抜歯
 を考慮することになるでしょう。

 

治療中
矯正用アンカースクリューを使っています。
上顎大臼歯が後方移動できてきました。これで治療開始から10カ月くらいです。
左側犬歯が生えてくるべき空隙も開いてきています。

この治療方法はどなたにでもできる内容ではありません。
上顎大臼歯の後ろ側に十分に場所がなければなりません。
もし、親知らずが骨の中にもぐっていれば、抜歯をしないとこの計画は達成できません。

この治療をできるのは、ごく一部の先生だけだと思います。

 

 

治療後 (3年2ヶ月の動的治療の結果)

お口元の写真
上下の唇の突出はやや改善されました。
オトガイの形も良くなりました。
非抜歯での治療のわりには良い結果です。(抜歯だったらもっと変化します。)

 
お口の中の写真
上下歯列ともにきれに配列できました。
上下歯列の前歯の中心が一致しました。

上顎左側犬歯(右上の写真、前から3番目の歯)もきっちりと治すことができました。
でもこの歯は色が少し黄色いですね。
この方、以前に歯の漂白をされてまして、全体がこの様に黄色かったそうです。
今になってその差がよくわかりますね。

レントゲンで調べて骨の中にも埋まっていることがわかったのですが、後ろの小臼歯(4番目の歯)が前に来てしまって、犬歯が出てくる場所が十分ではありません。

奥歯の上下のかみ合わせ関係を見ると、目標が達成されました。
上顎の奥歯と下顎の奥歯は正常になって、”T級大臼歯関係” となりました。
奥歯を治せば、このように前歯は自然に正常になるのです。

評価
上顎の奥歯は、6〜8mmほど後退で来ています。
非抜歯で治療することになって、治療の難易度は跳ね上がりました。
治療期間が3年少しですが、治療計画とその仕上がりからするともっと期間がかかっても仕方がなかったように思います。
自分で言うのもなんですが、とてもよくでいてる治療だと思います。

 


   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048  

   

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000 -2016 Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000