好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 上顎前突症
 (その10)

上顎前突症の10番目の症例をご紹介します。
25歳 社会人女性 上顎小臼歯2本を抜歯した症例です。

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


 Home成人症例の公開 > 上顎前突症(その10)

 
治療前 

出っぱ矯正/治療前出っ歯矯正/治療前上顎前突症の矯正/治療前

25歳 社会人女性
この方は、上の前歯と上くちびるが前に出ていることを気にされています。 

お口元の写真

上の唇が少し出ているように感じられます。
上の唇が、下の唇を覆い隠すような感じもします。 上下の唇の見え方のバランスが欠けているようです。

唇を閉じてもらっていますが歯が少し見えていますね。(
オトガイには筋肉の緊張があります。 少し形はいびつです。

 
お口の中の写真 
上顎歯列はV字型。
歯列はきれいにならんでいます。
歯列中央に隙間があります。

上顎2本目(側切歯)が退化傾向で、歯が細長くなっています。
前歯はかなり前突しています。(右中下

前歯の上下の関係、つまりかみ合わせが深すぎます。(右上中下
これを”過蓋咬合”(かがいこうごう)と呼びます。

下顎の前歯は軽度の叢生(でこぼこ)です。

診断 
過蓋咬合を伴う上顎前突症です。 

治療方針
上顎前歯の前突を改善するために、第一小臼歯を抜歯する矯正をします。




  過蓋咬合を改善するために、上顎前歯と下顎前歯を圧下(骨にめり込ます)する矯正を行います。(これは難しいです)

過蓋咬合の場合は、下あごの抜歯をすると、さらに過蓋咬合を増悪化させ矯正治療そのものを失うことが多いです。

上顎側切歯の幅を大きくする。
これは治療中に虫歯治療用の素材を用いて、歯を大きく作り変えます。
この費用は無料です。

 

 

 

治療後 (2年6ヶ月の動的治療の結果)

 

 

お口元の写真
上の唇の突出は改善されました。
唇の上下のバランスは均等になってようです。

上唇がへこんだと同時にオトガイが前に出てきました。 白人のお口元のようです。
オトガイの緊張がとれて本来の形になりました。
この形がこの方の個性なのでしょう。



アニメーション

治療前後の変化はわかり易いですね。
オトガイの変化はおおきかったですね。

 



お口の中の写真
上下歯列ともU字型の理想な形態にかわりました。(左上下) 

上顎のみ抜歯をする治療では、上下の歯の数が合わなくなります。
しかし、心配はいりません。 上下は緊密に咬合させることができます。(右中下

この状態をFull ClassUとよんでいます。
この場合は上顎の親知らずを咬合に組み入れることができます。

通常、第三大臼歯(親知らず)は抜歯することが多いですが、今回は使用しました。装置を伸ばして咬合に組み込んでいます。
丁寧で良い治療と思います。
(治療期間が少しは延びても、提案はいつも行うようにしています。)

上顎前歯の傾斜は改善されました。
歯の根元の骨の形も同時に変わっていますね。 
歯根の移動と同時に骨の形も変形させることができます。 (これを骨の改造と表現します。) これを利用して審美的な改善を行うことができます。(右中下)。

前歯の
過蓋咬合も改善されました。
とても浅いかみ合わせです。 オーバートリートメントしています。


評価
治療期間が2年6ヶ月必要としました。
上顎のみの抜歯矯正の場合は、1.5−2.0年位が普通なので、少し長い目の矯正となりました。

この症例は過蓋咬合の程度が厳しかったので、治療もやや困難な矯正となりました。 
また、上顎親知らずを大事にして矯正をしましたので、さらに時間がかかりました。 しかし、内容はとても良い評価をできるものと信じています。





 



 

 


   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

   

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000 -2007  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000