好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  

  矯正歯科を大阪・京都・神戸でお考えなら専門医の好田矯正歯科。

 叢生症例
 (その7)

叢生症例の7番目の症例をご紹介します。
前歯に凸凹が集中していて、抜歯治療が必要です。

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科  大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048 

Home 

 


 Home 成人症例の公開 > 叢生症例(その7)

 
治療前  25才女性 
ご希望は、お口の凸凹の改善です。少しでも良くなれば良い、とのことです。
かなりひどく見える症例です。
 
お口元の写真
上下の唇に軽度の突出感が見られます。
オトガイに緊張が見られます。 皮下のオトガイ筋の過緊張が生じています。
筋肉に力を入れないと、お口が閉じれないのです。

 

 
  お口の中の写真 
前歯に凸凹が集中しています。
右側の前歯は著しく前にあります。 下顎の前歯と逆の関係になっているのもあります。
奥歯のかみ合わせはさほどに悪くありません。


診断
 
叢生(そうせい)です。
顎の骨にくらべて、歯の成分(数と大きさ)が大きすぎます。

治療方針
歯を小さくすることはできないので抜歯を行います。 抜歯は上顎2本と下顎2本の対称にすることが一般的です。 
 内側に位置している前歯を抜歯することはめったにありません。 前歯の抜歯は機能的によくないし審美的にも劣ります。 時間はかけても通常のオーソドックスな方法がキレイに治ります。
 


 
 

 

 
治療後 2年2ヶ月の動的治療を行いました。 

お口元の写真
 
上下の唇の突出感が少し改善されてスッキリした感じです。 
唇を閉じたときにも違和感がなくて軽い感じです。
オトガイの緊張が軽減されて、自然な美しさが感じられます。
 
 

お口の中の写真
歯列の凸凹は消失しました。
 上顎の左右の前歯の長さが異なって見えます。歯肉を1mmほど切除すれば左右は同じ長さに見えるようにできます(右上写真)。 しかし、そこまでのご希望はありませんでした。
 上顎の左右の前歯の傾斜が微妙に異なります。 元からの歯根位置以上があったので改善が行き届かないうちに終わってしまいました。(左上下写真)

評価
上下顎の歯列全体がきれいにならびよかったです。
 一部の前歯に左右差が残りましたが、あまり目立たない範囲でよかったです。




 
         患者さんのご感想

治療の進め方や、現時点の結果について

 すごく良くなりました!
 最初は、少しでもようなれば・・・・・、と思ってまし
 た。 でもほんとにここまでキレイにならぶとは思
 ってもいなかったので、とても嬉しく思います。
 
 治療前は、唇に力を入れて歯を隠すようにして
 いたように思います。

治療前に不安だったこと

 元がひどい凸凹だったので歯ブラシがしにくくて、
 歯槽膿漏や虫歯が出来るかも、と心配でした。
 でも、これで安心しました。
 ありがとうございました。

先生とスタッフへの言葉

 皆様、どうもありがとうございました。
 お世話になりました!
         好田先生から

終わったから言えますが、確かに最初はひどかったですね。 凸凹もそうですが、上下の前歯が一部逆になってたので少し難しい面がありました。
 
 あなたの紹介元の歯医者さんが、歯のクリーニングと歯周病の予防にとても力を入れておられて心強かったです。
いつもお口の中を清潔にしておられて、安心して治療をすることができました。

長い間お疲れ様、ありがとうございました。

 


   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

 

●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医
Copyright 2000 -2007  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000