好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都でお考えなら好田矯正歯科。

 上下顎前突症
    (その7)

上下顎前突症の7番目の症例をご紹介します。 23歳OL女性。
この種の症例は、お口元が出ているのが特徴です。
2年2ヶ月の治療で改善が得られました。
OAS(ミニスクリュー、歯科矯正用インプラント)を効果的に使用しました。

インターネット予約

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


 Home成人症例の公開 > 上下顎前突症(その7)

 
治療前 

23歳OL女性
この方は、お口元を一番に気にしておられます。
 
お口元の写真
最初に唇をリラックスしていただきます。お口が閉じれないです。
(このときの上下唇の間隔をインターラビアルギャップといいます。理想は1mm程度ですが、
この方は10mm以上ありそうです。)(左から1つ目

次に唇を閉じていただきます。 オトガイの形がいびつですね。
下唇の下の筋肉の過緊張が目立ちます。 梅干状ですね。
上記のインターラビアルギャップの大きい方ほど、このいびつな傾向が強く出てきます。
おまけに、下唇が出てまるで受け口の方のようにですが、
上の前歯の先端が下唇を押すのでこうなります。(左から2つ目


下唇の下には梅干状の筋肉の緊張が見られます。(左から3、4つ目

 
お口の中の写真 
上下顎歯列は軽度の叢生(凸凹)がありますが、歯の裏側ばかり見えています。

上顎の第二大臼歯が左右ともに外側に張り出しています(左上下)。
正面からみても、奥歯が外にはみ出した様子がよくわかります(右上)。

前歯は上下ともかなり傾斜して前突しています。
右中下)。

下顎には左右とも第三大臼歯があります。
左下)。 
上顎左側の第一小臼歯は人工歯です。
左上、右下

診断 
叢生を伴う上下顎前突症です。 

治療方針
お口元の改善が第一番です。
上下の前歯の位置を内側に入れないといけません。 

上顎前歯の前突を改善するために、第一小臼歯を抜歯します。

下顎前歯に軽度の叢生(凸凹)があることと、前歯が上顎同様に傾斜しているので、 こちらも第一小臼歯の抜歯をさせていただきます。

OAS(歯科矯正用インプラント、ミニスクリュー、ネジ)を使用します。

使用装置
歯の外側のエッジワイズ装置




 
 

 


    
治療経過

 




お口の中の写真 
治療の半ばを越えたあたりです。
上下顎前歯は内側に入り込んできています。
抜歯した空隙が半分くらい閉鎖してきています。

上顎
TAD(矯正用インプラント、ネジ、スクリュー)を使用しました。(左上
TADはかなり上の部分に入りますので、外から目立つものではありません。
セット時には麻酔をしますし、その後は痛みはありません。 心配はいらないです。

従来の矯正では、抜歯空隙より前の歯の一団と後の一団との歯の引っ張り合いを行っていました。
抜歯空隙の前の一団は後ろに動いて空隙が閉鎖されてゆきます。これは目的に合いますが、同時に後ろの一団も前に動いて空隙を失っていたのです。
これが目的に反することなのです。 
(この状態をアンカレッジロスといって治療を難しくする要素でした。)

下顎
下の前歯4本には装置をつけていません。
忘れているわけではありません。 元々でこぼこが少しありましたね、こんなときは無理して装置はつけると下の前歯は最初より前に出てしまいます。

犬歯を少し後ろに送ると前歯に余裕ができます。
すると、写真のように(左中下)自然に4本の前歯がならんでくれます。 
それから装置をつけると良いのです。



 
 

治療後 (2年2ヶ月の動的治療の結果) 


お口元の写真
上下の唇の突出感は軽減されたようです。 オトガイの形はもう少し改善が欲しかったところです。

唇をリラックスさせてもらいます。
先のインターラビアルギャップは5mm位に小さくなっています。
左から1つ目

唇を閉じていただきます。閉じ易さを感じておられるはずです。
でも、下唇の下部の緊張は軽減されましたが、まだ少し残っています。
下唇が出た感じはなくなりました。(左から2つ目

梅干状の筋肉の緊張は減っているようです。(左から3、4つ目メーションを作ってみました。
すべての方が完璧になるわけではないことを示しています。化はこの方がわかり易いかもしれません。
オトガイの緊張感が残ったのは残念ですが、お口元の変化としてはかなり大きい変化です。

 



お口の中の写真
上下歯列とも改善の見られる形態です。
前歯の裏側は見えにくくなっています。
前歯が内側に傾斜したからです。
上顎第二大臼歯の位置も改善されました。
右上下) 


前歯は上下とも傾斜の状態は改善されています。
歯の根元の骨の形も同時に変わっています。 歯根の移動と同時に骨の形も変形させることができます。 (これを骨の改造と表現します。) これを利用して審美的な改善を行うことができるのです。
右中下)。

下顎の左側は2本の大臼歯は金属冠なので、将来のことを考えて第三大臼歯(親知らず)を残しておきます。
左下)。


評価
治療結果は改善が見られました。

治療期間が2年2ヶ月です。

OASの効果的な使用によって、治療結果も良くする可能性が高まります。

今後は、OASを用いない治療は大きな不利益となる可能性があることを知るべきですね。
当院の治療では、この程度の治療結果を当然のこととするために、OASの使用をお薦めしています。





 

OAS使用の利点と欠点

最近、OAS(矯正用インプラント、ネジ)を使った症例がどんどんと出来上がってまいります。
細かく見ておりますと、奥歯の位置が治療前と変わらないで、
前歯のみが後ろに下がって治療を終えています。

抜歯空隙を閉じる場合には、抜歯部分より前の複数歯(前歯)と抜歯部分より後ろの複数歯(奥歯)の相反的な引っ張り合いします。

前歯は奥歯に引っ張られて後退します。(これは治療目的に合います。)
ところが、同時に奥歯も少しは前に動いてしまいます。 
大事な抜歯空隙が消費され、前歯を後退できる量が減ってしまいます。
これが困ったことなのです。(治療目的に反します。)

せっかくの抜歯が効果を失ってしまうことになるのです。
この現象を”アンカレッジロス”と表現されます。
アンカレッジロスが少ないほうが良い治療、多ければ良くない治療、ということになります。
OASはそのアンカレッジロスをうまくコントロールできる手段なのです。
使わせて下さいね。

しかしながら、このケースのように凸凹状態が少なく、前歯の移動距離が長いので3年近くかかることもあります。

 
 
●ここまでの治療費(消費税含む、令和元年5月1日現在)
検査料5.8万円
矯正料69万円
再診料3800円x26回

この治療で生じる可能性があるリスク説明
◆すべての治療が計画通りに行くとは限りません。努力しても目標に到達できないこともあります。
◆上記の治療期間はおおよその目安で、治療内容によれば更に時間が必要なこともあります。
◆装置に慣れるまでお口の内側が痛いことがあります。
◆歯の移動時には痛みが伴うことがあります。
◆治療中にはしっかりと歯と歯ぐきの清掃をしないと虫歯や歯周病ができることがあります。
◆口腔衛生管理はあなたの自己責任でしっかりと行ってください。
◆症例によっては、歯ぐきが退縮することがあります。
◆症例によっては、歯根吸収が生じる場合があります。
◆症例によっては、歯髄壊死が生じる場合があります。

◆症例によっては、歯を失う場合があります。
◆症例によっては、歯が破接する場合があります。

◆症例によっては、歯の表層のエナメル質に元からあるクラック(ひび)が目立つことがあります。
◆人工物が装着されている歯は、傷ついたり破折したりすることがあります。

◆人工物が装着されている歯は、人工物と歯の継ぎ目が目立つことがあります。
◆人工物が装着されている歯は、矯正治療後に作り直さないといけないことがあります。

◆関節の状況が元々よくない人は、顎関節症が発症することがあります。
◆動的処置後に装置を撤去しますが、必ず歯は少し動いたり隙間があいたりすることがあります。
 これをできるだけ最小限にとどめるために保定処置は重要です。 2年間は必ず通院してください。
矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を複数本数使用する可能性があります。
◆矯正治療後に第三大臼歯を(親知らず)を抜歯しないと思わぬ悪い結果につながることがあります。
◆治療は長期になります。 将来、その他不測の事柄が現れることもあります。
◆ストリッピング、カウンタリングといって歯と歯の間や歯の先端の形を整えるために削ることがあります。
◆装置の作製、撤去には長い時間が必要です。 あなたのご協力をお願いします。

◆治療の予約時間は、混雑時には常にご希望のとおりにできないことがあります。
◆できるだけ毎回説明を含めながら治療をすすめますが、お口の状態は毎回変化しますので、
  説明内容や治療手順は前回の説明と細かな点で異なることもあります。
◆矯正料はご予定の期日までに郵便振込でお支払い下さい。お支払方法は治療の進行に従って分割でお支払い
   ください。
◆矯正料のお支払いが予定期日より大きく遅れますと、治療を継続できなくなることがあります。
◆虫歯の検診や治療費および抜歯等の外科的処置は上記の矯正費用に含まれていません。
矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)の費用はすべて含まれています。
白いワイヤーのご使用は、一回あたり追加費用1500円が必要です。ただし、治療段階によってご使用いただ
  けないことがあります。

◆治療に必要な歯ブラシはご購入いただきます。
◆あなたの結婚式等の自己都合で装置を撤去ご希望の場合、5000/歯の別の費用が必要です。
◆上あご前歯にはセラミック製装置を使用します。
◆下あご前歯には金属製装置を使用します。セラミック製装置を使用すると上あご前歯の先が欠けてしまうこと
  があるからです。それでもセラミック製装置を使用して生じる問題については患者様の自己責任となります。
  セラミック製装置から金属装置への交換は、5000/歯の費用が必要です。
◆矯正装置を紛失または破損されますと、再診料に加えて別途費用(材料費等)が発生します。(1000-20000)
◆領収書は再発行しておりませんので大切に保管しましょう。
◆再診料は将来改訂されることがありますのでご了解ください。
◆当院では、治療内容や結果を学会等で学術的な目的に使用する場合があります。
                                     

 

                                 




 


   

好田矯正歯科   茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

   

このサイトは矯正歯科医師によって作製・運営管理されています。
●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 
Copyright 2000 -2018  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000