好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都・神戸でお考えなら好田矯正歯科。

 上下顎前突症
 (その5)


上下顎前突症の5番目の症例(治療例)をご紹介します。
治療は無理なく目標を達成しました。 
お口元の審美面にも矯正が及んでいます。

インターネット予約 

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home

 


 Home  >  成人症例の公開 > 上下顎前突症(その5)

 
治療前  26才女性 患者さんの訴えでは、上の前歯が”出っ歯”状態に前に出ていることを一番に気にしておられました。
 
お口元の写真
上下の唇がやや出ているように見えます。 他のケースに比較すると軽度でしょう。

しかし、ご本人にすれば大問題です。 
赤唇部分(くちびるの赤い部分)が厚いですね。 この部分が治療で変化しますので覚えておいて下さい。
 
 
  お口の中の写真 
上顎前歯の2本が内上下顎ともに前歯が傾斜して前にでています。歯の”でこぼこ”はさほどに多いわけではありません。
左側の臼歯の咬合は上下で少しずれています。矯正が必要です。(右下写真)

診断
 
この症例の分類は上下顎前突症です。 
骨格性の問題ではありません。 
上下前歯の傾斜度が原因です。
治療方針
抜歯をすれば治療は簡単です。 上顎第一小臼歯(前から4番目)2本と、下顎第一小臼歯(4番目)で計
本の抜歯をしました。
 治療方針はきわめてオーソドックで一般的方法です。 これを非抜歯(抜かないこと)矯正治療で行えば、なんの結果も得られません。

治療方法
外側セラミック矯正治療
 



 
治療後 2年3ヶ月の動的矯正治療を行いました。 
矯正治療結果から考えて、評価できる矯正治療期間です。

お口元の写真
 
矯正治療による変化がはっきりとわかります。 
元々あまりでてないか、そのような感じがしましたが、矯正治療前後を比較すると差ははっきりします。
お口元全体がすっきりしました。 赤唇部分が薄くなったように見えます。
これが印象を代えている一番の要素でしょう。
 
 
お口の中の写真
奥歯の上下のかみ合わせは、1対2歯に咬みこみ良好な状態です。(右中下写真) 歯列の形状も理想的に矯正できています。

評価

矯正治療では、抜歯することによっていろいろと良い点を得ることができます。 
非抜歯矯正でアプローチすると、このようなすっきりした症例には到底ならないでしょう。

下顎の歯列をご覧下さい。(左下写真)
前歯の外側の歯ぐきが見えるようになって 


    
いますね。
これは、前歯が歯槽骨の中央付近に位置できたことを示しています。
矯正治療前の写真では前歯の裏側ばかりが見えています。 骨の中心を大きく外れて、外側に歯が位置しているということです。
一生自分の歯で生活してゆくには良い条件ではありません。
矯正歯科治療によって、骨の中央に来るようにすべきなのです。
これは地味なことですがとても大事なことです。口元の審美面だけで抜歯をしているわけではないのです。
 
 
  患者さんのご感想
思いのほか、はやく矯正治療が終わり驚いています。
最善、最短で負担の掛からない治療をして頂きありがとうございました。

大変、感謝しています。

好田先生

遠方の北陸から通っていただきました。
そのため、少しのエラーもないように一回一回の再診時には気を配りました。 
ほんとうにまじめにお越し頂きましたので予想どおりの矯正治療結果になりました。

おめでとう!  外国語の勉強も頑張ろう!
 



   

好田矯正歯科   大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

   

このサイトは矯正歯科医師によって作製・運営管理されています。
●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医
Copyright 2000 -2016  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000