好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都・神戸でお考えなら専門医の好田矯正歯科。

 上下顎前突症
  (その2)


上下顎前突症は上下の前歯が傾斜して前に出ている症例を言います。
お口元が出ていることが一番の特徴です。
歯列の矯正だけでなくお口元全体を視野に入れた矯正治療が必要です。

インターネット予約 

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 

  Home  >  成人症例の公開 > 上下顎前突症(その2)

 
治療前  40才 成人女性

主訴(患者さんが一番気にして訴えていること)は、上の前歯が前に出ていることです。

お口元の写真


鼻の下と上下の唇突出しています。 オトガイも前に出て見えます。
上下の赤唇が分厚く見えます。
力を入れてお口を閉じていただだいてますが、歯が少し見えてしまいます。

  

 
    お口の中の写真
上の前歯全体が相当に前にとびだしています(左側、右側)。
それにくわえて下の前歯も前にとびだしています。
一部の歯がねじれてはえています。

診断
 
この症例の分類は上下顎前突症です。
骨格そのものは受け口傾向の骨格。
上下前歯の傾斜度を矯正する必要あり。
  治療方針

上下の前歯をひっこめて口元の審美性の矯正。
上下前歯の機能の改善を目的にした矯正。
そこで犬歯(3番目)の後ろにある上下第一小臼歯を
左右であわせて4本抜歯の矯正をおこないました。
 

 

 
治療後 お口元の写真 

鼻の下のふくらみや上下の唇の出た感じは改善されました。

”完全な美しさ”が得られたとは言えないですが、
矯正治療前より改善されました。

骨格が受け口傾向だったので、オトガイの状態は残っています。

上下の赤唇は少し厚み少なくなりました。

 
    お口の中の写真
患者さんが一番気にしていた上の前歯がとびでている問題はうまく矯正できました。

 
なかなか良く矯正治療できていると思います。
上下の前歯の傾斜が変化したことがわかりますね。
一部の歯のねじれた状態がなくなりました。

奥歯の噛み合わせもしっかりと良い関係が矯正によって得られました。
矯正治療期間は1年8月です。

専門医としての評価
この症例にように、歯の関係は改善できてもその結果が口元の審美性の改善に十分に反映できないこともあります。

その理由は、この患者さんが元から持つ骨格の状態によるものです。
先に述べたように、この方は骨格そのものが受け口傾向の骨格パターンをお持ちなので、矯正が終了してもその傾向が残ってしまいます。
 
もう一つの理由は、唇周辺の筋肉の緊張です。
歯が出ていた時には、力いっぱいに閉じることを何十年も(この方は)繰り返しておられたので、矯正治療後の歯の位置に順応して筋肉の緊張がなくなるまで期間が相当にかかると思われます。



 

 


   

好田矯正歯科   大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

 

このサイトは矯正歯科医師によって作製・運営管理されています。
●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医
Copyright 2000 -2007  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000