好田矯正歯科/症例(治療例)

 
 

  


  矯正歯科を大阪・京都・神戸でお考えなら好田矯正歯科。

 上下顎前突症
  (その1)


上下顎前突症は上下の前歯が傾斜して前に出ている症例を言います。
お口元が出ていることが一番の特徴です。 歯列の矯正だけでなく唇を含む
お口元全体を視野に入れた矯正治療が必要です。

インターネット予約 

メール相談

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048

Home 

 


  Home  >  成人症例の公開 > 上下顎前突症(その1)

 

治療前 

お口元の写真
鼻の下と上下のくちびるかなり突出しています。 オトガイの部分がやや後退しています。 
 
オトガイの表面が”梅干の種”のようにでこぼこに見えますね。 これは、上下の歯が前にとび出ていてくちびるが閉じにくい人が、無理やりにくちびるを閉じると見られる現象です。 オトガイ筋という皮下にある顔の表情筋の収縮が原因です。 

(あなたも試しに下くちびるを無理やりに上の方へ上げるように筋肉に力を入れてごらんなさい。 そして、オトガイを触ってみてください。 ”梅干の種”ができますよ。)   

20才の女性、学生さん
主訴(患者さんが一番気にして訴えていること)は、上の前歯が前に出て、くちびるがとじにくいことです。 
こういう方は日本人にはかなりたくさんおられるはずです。
 
  お口の中の写真
上の前歯全体が相当に前に傾斜してとびだしています(左側、右側)。 同時に、下の前歯も前に傾斜してとびだしています。 この状態を上下顎前突症といいます。 更に、下の前歯は凸凹にならんでいますね。

診断
 
この症例の診断は上下顎前突症です。 
問題は上下前歯の傾斜度が原因です。
治療方針
上下の前歯をひっこめて口元の審美性と上下前歯の機能の改善を目的にした矯正治療を計画しました。 そこで犬歯(3番目)の後ろにある上下第一小臼歯を左右であわせて4本抜歯の矯正治療をおこないました。

使用装置
エッジワイズ装置


私の矯正専門医としての考え方
顔を真横から見たときの、上の前歯と下の前歯がなす角度のことを、インターインサイザルアングルと定義しています。 この症例のインターインサイザルアングルは100-110度ぐらいとみられ、決して良い状態ではありません。 上下前歯が内側に入って、上下顎前突症が改善され歯が立った状態のなればこの角度は大きくなります(この症例は治療によって120-125度程度に改善された)。 
  
  米国南加大学元教授のスタイナー博士(故人)はこの角度の目標値は131度とする発表をされました。 後年、同大学臨床教授のルート博士(故人)は更に厳しい137度を治療目標と提唱されました。 この数字はたんに審美的な治療ゴールとして決められたものではありません。 前歯の咬合機能を念頭においた治療ゴールであり、彼らの数十年間の臨床経験から得られた経験値であると考えられます。 

 私は、機会があってルート博士に直接、教えを得られる機会があり幸運でした。 
単純に歯が前にとび出して格好が悪いから抜歯するわけではないのです。 前歯の咬合機能を良く考えた上での科学的な判断による抜歯の選択である、ということなのです。 いずれにしても、131-137度の治療ゴールはかなり厳しいものです。 
 

 

 

治療後

お口元の写真 
かなりの改善
が見られました。(私の主観です。)  
患者さんが一番気にしていた上の前歯がとびでている問題は改善できました。
(私の主観です。) 
鼻の下がすっきりし、上下のくちびるがへっこみ自然な美しさが得られています
。 (私の主観です。) 

これにくわえてオトガイが新たに出来上がったように見えますね? 
これは、前歯がへっこんだ分だけくちびるの軟組織に余裕ができ、オトガイの軟組織が元々の自然な形に戻ることができたためです。

治療期間 1
年6ヶ月


 
 

お口の中の写真
上下の前歯の傾斜が矯正されたことがわかりますね(左側、右側)。 また、一部の歯のねじれた状態も矯正されています。 ただ、この方、矯正治療の終了を急ぎすぎです。 もう少し辛抱があれば上下の奥歯を十分にかませることができるのに残念です。 もちろん、こちらも極力、説得をしましたが・・・。

評価
先にのべたインターインサイザルアングルは120-125度程度に矯正されてはいますが、厳しくみれば”完璧”ではありません。 しかし、すべての方に理想の目標値を達成できるわけではありません。歯の形や顎の骨格の状態がすべての方で異なっているので、今回の治療ではこれが限界と考えています。 腹八分目で満足しなくてはいけないこともあります。

 4本の歯を抜歯しましたが、口元の審美面と上下前歯の機能面での改善をすることができ、良い矯正歯科治療ができたと思います。

このような症例に対して、非抜歯矯正で臨むことは禁忌(してはならない)です。
非抜歯矯正治療では歯列が大きくなって問題が拡大されるだけです。
抜歯矯正によって歯列を小さくしないと問題を解決できないのです。



●ここまでの治療費(消費税含む、令和元年5月1日現在)
検査料5.8万円
矯正料69万円
再診料3800円x18回

この治療で生じる可能性があるリスク説明
◆すべての治療が計画通りに行くとは限りません。努力しても目標に到達できないこともあります。
◆上記の治療期間はおおよその目安で、治療内容によれば更に時間が必要なこともあります。
◆装置に慣れるまでお口の内側が痛いことがあります。
◆歯の移動時には痛みが伴うことがあります。
◆治療中にはしっかりと歯と歯ぐきの清掃をしないと虫歯や歯周病ができることがあります。
◆口腔衛生管理はあなたの自己責任でしっかりと行ってください。
◆症例によっては、歯ぐきが退縮することがあります。
◆症例によっては、歯根吸収が生じる場合があります。
◆症例によっては、歯髄壊死が生じる場合があります。

◆症例によっては、歯を失う場合があります。
◆症例によっては、歯が破接する場合があります。

◆症例によっては、歯の表層のエナメル質に元からあるクラック(ひび)が目立つことがあります。
◆人工物が装着されている歯は、傷ついたり破折したりすることがあります。

◆人工物が装着されている歯は、人工物と歯の継ぎ目が目立つことがあります。
◆人工物が装着されている歯は、矯正治療後に作り直さないといけないことがあります。

◆関節の状況が元々よくない人は、顎関節症が発症することがあります。
◆動的処置後に装置を撤去しますが、必ず歯は少し動いたり隙間があいたりすることがあります。
 これをできるだけ最小限にとどめるために保定処置は重要です。 2年間は必ず通院してください。
矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を複数本数使用する可能性があります。
◆矯正治療後に第三大臼歯を(親知らず)を抜歯しないと思わぬ悪い結果につながることがあります。
◆治療は長期になります。 将来、その他不測の事柄が現れることもあります。
◆ストリッピング、カウンタリングといって歯と歯の間や歯の先端の形を整えるために削ることがあります。
◆装置の作製、撤去には長い時間が必要です。 あなたのご協力をお願いします。

◆治療の予約時間は、混雑時には常にご希望のとおりにできないことがあります。
◆できるだけ毎回説明を含めながら治療をすすめますが、お口の状態は毎回変化しますので、
  説明内容や治療手順は前回の説明と細かな点で異なることもあります。
◆矯正料はご予定の期日までに郵便振込でお支払い下さい。お支払方法は治療の進行に従って分割でお支払い
   ください。
◆矯正料のお支払いが予定期日より大きく遅れますと、治療を継続できなくなることがあります。
◆虫歯の検診や治療費および抜歯等の外科的処置は上記の矯正費用に含まれていません。
矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)の費用はすべて含まれています。
白いワイヤーのご使用は、一回あたり追加費用1500円が必要です。ただし、治療段階によってご使用いただ
  けないことがあります。

◆治療に必要な歯ブラシはご購入いただきます。
◆あなたの結婚式等の自己都合で装置を撤去ご希望の場合、5000/歯の別の費用が必要です。
◆上あご前歯にはセラミック製装置を使用します。
◆下あご前歯には金属製装置を使用します。セラミック製装置を使用すると上あご前歯の先が欠けてしまうこと
  があるからです。それでもセラミック製装置を使用して生じる問題については患者様の自己責任となります。
  セラミック製装置から金属装置への交換は、5000/歯の費用が必要です。
◆矯正装置を紛失または破損されますと、再診料に加えて別途費用(材料費等)が発生します。(1000-20000)
◆領収書は再発行しておりませんので大切に保管しましょう。
◆再診料は将来改訂されることがありますのでご了解ください。
◆当院では、治療内容や結果を学会等で学術的な目的に使用する場合があります。
                                     

 

                                 






   

好田矯正歯科   大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048  

 

このサイトは矯正歯科医師によって作製・運営管理されています。
●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 
Copyright 2000 -2019  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since 10 February 2000