好田矯正歯科/歯並びと歯列

 
 

  


 好田矯正歯科の更新情報
  
  
  
好田矯正歯科のホームページの更新情報
 矯正歯科医師が仕事をしながらのつぶやき、ブログ? 

 
好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048   
Home 




     Home   >  
更新情報・更新履歴        旧 掲示板 はこちら  

更新日    更       新       内        容

16/10/24

retainer のページの更新
16/10/06 医院と院長紹介のページを少し更新
16/01/26  新着症例!上顎前突症例(その14 )
ガミースマイルを治そう!
16/01/25 新着症例!上顎前突症例(その13 )
ガミースマイルを治そう!
13/10/18  新着症例!上顎前突症例(その12 )
ガミースマイルを治そう!
13/10/14 新着症例!上顎前突症例(その11 )
めちゃめちゃ、久しぶりの症例の追加更新です。
09/06/14 第51回近畿東海矯正歯科学会  臨床症例報告 岐阜 を無事に終了しました。
今回は刺激になりました。 元気になって帰ってまいりました。 来年は症例報告以外にも何か一題考えて発表します。
09/03/17 http://www.kohda.info/  院長ブログの新設です。
2つの旧ブログを連結してあります。 次回から新しいURLでお使い下さい。 ただし、WWW を最初につけて下さい。
09/02/28 http://kohda.weblogs.jp/
ブログを引っ越しました。
08/12/21 新着症例!叢生症例(その9 )
美しい笑顔がえられました!  
08/11/24 久しぶりにTOP Page の更新
08/11/03 新着症例!上下顎前突症例(その8 )

日本矯正歯科学会の公式誌であるOrthodontic Waves -Japanese Edition(第3号)が発行されました。
私の論文も載っています、嬉しいねえ!
08/11/03 ブログを作りました。しかも、いきなり3っつも・・・・。
そのひとつは以下で公開しました。
http://blog.livedoor.jp/kohda_or/ 
08/10/01 新着症例!下顎前突症例(その8 )
08/09/29 日本矯正歯科学会の公式誌であるOrthodontic Waves -Japanese Edition(第3号)への著者校正終了しました。
やれやれ、手がけてから丸々1年かかりました。 学会誌への投稿は学問の問題なので大変です。 10月末発行です。

昨日、第26回近畿矯正研究会が行われました。 今年から積極的に参加することにしました。
この会では、会員が症例を出し合って互いに学ぶことになっています。
そのなかで、私の治療症例が優秀症例に選ばれました!
08/09/07 皆様、お久しぶりです。
久々の更新です。といっても
携帯用サイトです。このサイトの簡易版となります。
http://kohda.mobi

お友達に宣伝して下さいね。
日本矯正歯科学会の公式誌であるOrthodontic Waves -Japanese Edition(第3号)への論文掲載審査に合格しました。
10月末発行です。
08/04/23 Damon (デーモン)システムを導入しました。 費用は標準仕様と同じになっています。
5月1日より、小児の方(小学生までの方)の相談料を設定しました。 まことに申しわけございませんが、よろしくお願いします。
08/03/23 矯正用インプラント、ミニスクリュー、TAD を追加更新しました。

永らく更新をさぼっていましたが、日本矯正歯科学会の公式誌であるOrthodontic Waves -Japanese Edition(第3号)に論文を投稿するべく時間を費やしておりました。
現在、査読を受けているところです。 この学会誌は日本で最も権威の高い唯一のものなのです。 
かつて2度掲載してもらったことがありますが、16年も以前のことでしたので事情がすっかりと変わっていて驚くことが多かったですね。
今回、論文が受理されると3回目となります。 数か月を費やしましたので自信はあります。

いましばらくは、ドキドキしながら学会・編集委員会からの知らせを待っているところです。
07/11/03 矯正用インプラント、ミニスクリュー、TAD 
を追加更新しました。
07/10/28 矯正装置について 
を新設しました。 当院で用いて装置の解説です。
07/10/23 サイトマップの追加
cssを使って書いてみました。 初めてなのですったもんだしましたが、なんとか形になりました。
XHTML CSSはそれほど新しい技術ではありませんが、こちらがwebデザインの勉強を怠っていたのでとりかかります。
07/10/06 新着症例!上顎前突症例(その10 ) アニメーションの追加。
07/09/02 新着症例!上顎前突症例(その9 )
アニメーションの追加。 昨日は動画配信のテクニックを思い出すのに苦労しましたが、
今日は慣れたので簡単に作成できました。 

今日の夕方、ウオーキングをしていたら落ちている財布を拾いました。
2-3万円とカード類や運転免許証、クレジットカード、銀行カード数枚等々・・・・が入っていました。
お金の金額はともかくとして、その他のものは明日から困るものでしょう?
今日は休日でカードのストップもできないし、落とし主はきっと心配されているでしょう。
皆様、お気をつけください。

その後、どうしたかって?!
当然交番に届けましたよ。
07/09/01 新着症例!上下顎前突症例(その7 )
アニメーションを作りました。 ちょっと苦労して調整しました。

07/08/30 新着症例!上下顎前突症例(その7 )
この症例は、2005年に開始、2007年に終了の新しい症例です。
07/08/25 新着症例!上顎前突症例(その9 )
この症例は、2004年に開始、2007年に終了の新しい症例です。
07/07/05 07/01は第49回近畿東海矯正歯科学会でした。 無事に仕事を済ませました。
今回の発表内容は興味に欠けるものが多かったので少しテンションが下がりぎみだったのですが、
一題だけ面白そうな内容が見つかりました。 休憩時間に発表グループの某大学助教授に質問してみました。
その回答が、なるほどと思うことがあり、以前より気になっていたこもあったので、
早速自分の診療室にもその考えを適応してみることにしました。
今回の学会はこの一題だけでしたが、参加には意味があったと思います。

リテーナのページを新設しています。
たいして内容があるわけでないのに、アクセス数は多いようです。
リテーナに関して言及しているHPが少ないこともあるかもしれません。
07/06/16 リテーナーのページを新設しました。
以前より、ご要望がよせられていましたが、資料を蓄積しておりました。
07/06/10 新着症例!上下顎前突症例(その6 )
この症例は、2005年に開始、2007年に終了の新しい症例です。 TAD(ミニスクリュー、矯正用インプラント)を用いています。
半年以上も症例の追加をサボりました。
07/06/07 同志社中学校で歯科検診。 驚きました、とてもきれいな学校です。 ちっと、ロマンチックでもあります。

07/05/24 今月の相談の更新
だいぶと更新をサボった感じですね。
第49回近畿東海矯正歯科学会に発表します。 例年どおりの症例報告で、”Convex type側貌ながらもClassV不正咬合を示した症例”と言うタイトルです。 ほとんど準備は終了しました。
07/04/20 顎口腔機能診断の施設基準を返上することになりました。

なぜかそのようになってしまいました。
あまりにも急な話で、結局わけがわからずにそうなりました。
手術を予定している人が現在誰もいなかったので、実質上なんの問題も生じませんでした。

今後は、外科矯正希望の方には大学病院にいっていただくことになるかもしれません。
こちらが再度、上記施設基準を整えるまでしばらく時間がかかりそうです。
どれほどの需要があるかできまりそうです。
07/04/07 昨日と今日は、風邪のためにダウンしました。 
急遽、お約束を変更していただいた患者様、ご協力ありがとうございました。
来週は元気になって復帰します。

外科的矯正治療の保険適応の条件の厳格化を日本矯正歯科学会が打ち出しました。
従来の条件から数段厳しくなります。
保険適応を受ける医療機関の施設基準を厳しくするようです。

簡単にいうと、数百万円の機器を整備しないといけないのです。
普通の個人の開業医では、なかなかできない相談です。 一医院あたりの保険適応の患者数はせいぜい年間数名と言われています。
全くペイしない条件を突きつけられました。
大学病院以外の医療機関では、実質的にはすべての門戸を閉ざすことになるでしょう。
現在通院中の患者さんはどうなるのでしょうか?

実は、当院も昨年末に申請して、従来の施設基準をクリアーし、保険適応を認められた医療機関なのです。
ところが、実質的には何もできないで終わりになりそうです。

07/03/28 日本矯正歯科学会専門医の番号は124番です。 数字が重すぎてがっかりです。
試験の成績順ならそれもしかたがないなあ、とよけいにがっかりしていましたが、
年齢順になっているそうで、それもなおさら仕方がないことと残念です。

しかし、私の年齢で150有余名のうち124番なら年齢のわりによくがんばったかなあと思います。
まわりの人たちは私以上にベテランで有名な方たちばかりですからねえ。
07/03/12 日本矯正歯科学会専門医の認定証が送られてきました。 これで公式に日本矯正歯科学会学会専門医・認定医となりました。
ただし、学会は法人として認可をまだ受けていませんので、専門医制度を広く一般に広告活動することができません。
法人化の手続きが終了すれば、一般方へ専門医の名簿が公開されて、”矯正歯科選び”のお役にたつことでしょう。

第49回近畿東海矯正歯科学会大会学術大会(7月)へ発表するためのエントリーを行いました。
ご協力いただく患者さま、ありがとうございます。
07/02/26 昨25日は、舌側矯正治療の勉強会に誘われて、2題の口演をしました。
人前でしゃべるのは不慣れで不得意なので疲れます。
他の先生たちも同じことを悩んでいることがわkりました。
07/02/08

Windows Vista をアップグレードしました。 (続)

動作確認から3日目です。 少し慣れてきましたが、使い方がわからないですね。
解説本さえも市場に出回っていません。 あの宣伝のエアロ?はどのようになっているのかなあ。
マックをサブに使っていますが、画面のポップアップがマックに似ているようですね。
下の画面が透き通って上の画面に映ってみえるので、下にどの画面があったのかを確認しやすいです。
その点がデザインでよくなりました。

メモリーは1Gでも使えそうです。 特に遅さを感じはしませんでした。
それでも、2倍の2Gにしてみました。 少し画面の表示がはやくなったようですが、たいしたことはありません。
Vistaにはエクスペリメントインデックスといって、PCの機能を評価できるシステムが標準になっています。
マシンの能力を数字評価できます。
現状は3.0と評価されています。
弱い部分を補強すれば機能向上できるわけです。

メモリーを2倍にしましたが、グラフィックに弱さがあるので速さがほとんど変わらないのはこのインデックスどおりでした。
グラフィックカードを新しい部品に交換すると、新品と同様に使えます。


ムーシールド外来をおこないます。

ムーシールドは乳歯列の反対咬合の早期治療に用いるものです。
まだ準備段階なので、全面オープンではありませんが少しずつはじめてゆきます。
とりあえずは3歳の女の子です。
常識的には矯正の治療年齢ではありませんが、試みてみます。

07/02/05 Windows Vista をアップグレードしました。 

予想外のトラブルで、インターネットにつながらなくなりました。
結局、ドライバの問題でしたが、メーカーもプロバイダーも準備不足の印象がぬぐえません。
よほどの自信のあるかた以外は、簡単にアップグレード版をインストールしないほうがいいですね。

まだまだ、業界全体がどのようなトラブルが出るのかがわからない様子で、サポートが十分でないようです。
新規にハードを購入するまでまたないとほんとうにたいへんですよ。
Vistaを入れるとXpにはもどれません。
 ほんとうにすったもんだで、接続出来るまで24時間ほどかかりました。
07/02/01 学校歯科医師をしているので、PTA向けの歯の矯正の話をしました。 きっちり、1時間半で質問30分。
大勢の人前で話す機会はほとんどないので、一方通行の話は難しいです。
07/01/22 今月の相談の更新
07/01/08 ”2006年度日本矯正歯科学会専門医審査最終結果について” が公式に発表されました。
ここから
この名簿に名前のある先生方は、現在の日本の矯正歯科界のなかでプロ中のプロとして学会が公式に認めた最高レベルの人たちです。
あなたの主治医がこの中にあれば安心ですね。
07/01/07 あけましておめでとうございます!

毎度のご訪問ありがとうございます。 今年もがんばって皆様のためになる情報を公開します。
数多くのご質問をお寄せいただきありがとございました。 今年も、本音でズバズバとおこたえします。
06/12/27 今年の診療は終了いたしました。 皆様お疲れ様でした。
12月28日より1月4日まで休診いたします。
緊急に受診希望の方、初診の相談をご希望の方はメールでお知らせ下さい。 12時間以内に対応します。
06/12/24 TOPページ の今月の相談の更新。
06/12/08 日本矯正歯科学会新設の専門医制度による矯正歯科専門医審査に合格しました!
万歳! おめでとう! 今年1月からの自分の努力をほめたいと思います。 合格者は150名余りまでにしぼられました。

やれやれ、精神的負担がなくなりました。 
来年の学会発表に向けて、今日から新たな努力の始まりです。 発表に用いる症例と論文する内容を考えました。
06/11/30
明日から師走です。 忙しくて先生も走るからだとか・・・・。

今日は朝から京都西山へ散策へでかけました。 紅葉は見ごろを終えたようです。 
06/11/29 こんな子がいるんだね。
双子かなあ、でも、大きさが違うみたいだけどなあ・・・・。

掲示板に衝撃的な写真を載せました。
というのは、非抜歯治療でのトラブルの問い合わせが急に増えてきているからです。
このHP運営のコンセプトの一つは”良心の提供”にありますので、実態を隠さずにお知らせしたいと思います。

非抜歯治療で無理無理に治療を行うとどのような結果が待っているのか・・・・。
よくご覧下さい。
06/11/23 今朝は天気が悪かったですが、休日の日課でウォーキングです。 15kmほど歩きました。 
気候が良いころなので多くの方が、思い思いに歩いたり走ったりされています。 

ときおり、”にわかアスリート”とおぼしき人物が現れます。 なんとなく服装が板についていないので一目見てわかります。
にわかアスリートは、がんばって走っておられるのですが長続きしません。 
走るのは脂肪の燃焼の時間的効率があがりますが、循環器や呼吸器に負担が多すぎて、結局長続きしないですね。
また、ひざへの負担も避けるために、穏やかなペースですることが長続きする秘訣のように思いました。

午後は大学の講座OB会主催の研修でした。
フランスよりFillion先生をお招き舌側矯正の勉強をしました。
Fillion先生は、パリとロンドンに二つの舌側矯正の専門のオフィスをお持ちです。 すごいなあ!
こちらの感覚なら、東京とソウルって感じでしょうか・・・。
今後はそういう先生もあらわれるかもしれません。 日本の先生は繊細な技術があるのでみな上手です。
海外の先生・・・・、それほど上手とはかぎらないかも・・・・・。

名前も知らない後輩の若手の先生から、”先日発表の先生の論文を読ませていただきました。” と言われました。
ちょっと嬉しかった。
昔、自分が同じことを言ったもことがあったように思い出す。 自分も目標にされる人間の一人になってきたということだろう。
年をとったからねえ。
来年もがんばろうという気になる。 残された矯正人生は必ずしも長くはない。
06/11/21 東京への新幹線ですが、横に変な人が来たらほんとうに困ります。 前回の6月のときは、夜に乗ったので酔っ払いが横にきたのでほんとうに当惑しました。 2時間半もですからねえ、新横浜まで降りないんですよ・・・・全く・・・・。 禁煙車でタバコがなかっただけでも嬉しいですが。
今回は空いていてホッとしました。 女性の方ならもっといやでしょうね。 禁酒車も作ってもらいたいです。

そう、いい食事処を教えてくれる?! 残念! 聞き損ねてしまいました。
でも、お昼ご飯付きの”缶詰”講習会だったので外にはでられませんでした。

春からダイエットをしています。 ウオーキングをします。 週に10万歩、月に40万歩を達成するように努力しています。
そのおかげで、体重が-10kgで68kgになりました。 ウエストも3サイズ細いものをつけています。 
新しいものを買っても買っても、どんどん細くなるので嬉しい反面、すこしもったいない感じがします。 いま、10−15年前の古着のズボンを持ち出してきてはいています。 

先週血液検査をしてみました。 
HDLは50%増で75mg/dl、中性脂肪は50%減、LDLは正常値にもどり結果、動脈硬化指数は半分になりました。
Tchは223mg/dlで残念ながら期待以上には下がりません。 私の感覚では、210より下がっている感じでしたがすこし残念です。

主治医の意見は、200以下に無理して下げないほうが良いといっています。
がん免疫のことを考えれば、Tchは少々高いほうが良いといっています。 メタボリックシンドロームが叫ばれて、200以下が正常値と数字が一人歩きしている感があります。 私の場合は、運動療法が抜群に効果を発揮してHDLが高くなっているのでカバーできているようです。

体重は当面64kgまで落とすことを目指しています。 あと4kgです。 4ヶ月はかかります。
ウエストはらくらく76cmになるでしょう。 私の記憶ではそのサイズのズボンを買ったことが思い出せません、中学生くらいだったかも。
数字上のデーターはいくらでも下げられますが、体型はお腹がでたままで細くなるだけなので悲しいです。
06/11/19 11/16は東京でTAD研究会が主催する講習会。 TADはミニスクリューのことです。
昨年のから使用の仕方が進歩している印象を受けました。 自分の手技には問題を感じませんでしたが、使い方適応のさせ方で考えさせられる点がありました。 参加してよかったです。 

東京は胸がわくわくさせられます。 田舎者ですからねえ。
必ず何かの刺激がありますねえ。
06/11/11 第58回近畿北陸地区歯科医学大会紙上研究発表に、

咬合平面の変化を治療に利用した上顎前突症例”と
”下顎骨のクロックワイズローテーションのよる顎整形的効果を得た骨格性下顎前突症例

というタイトルで2題の
論文をを投稿いたしました。
この内容は、第48回と第46回近畿矯正歯科学会・学術大会で症例展示で発表した内容を元に加筆したものです。
昨年に引き続きの投稿活動となりました。
自分の長年の考えが活字になるのは嬉しいことです。 生きていることの証しになります。
”これは、死んだひいおじいちゃんが昔歯医者をしていたころに書いた論文だよ”って言ってもらえるかも知れません。
06/11/06 近所のマンション建設現場でこんな遺跡が発掘されました。

小さな穴が開いているだけなのに、これがどうして遺跡とわかるのか不思議です。
専門家でないとわからないでしょうね。
壁面には何層にも土が堆積した様子がうかがえます。
近くに小さな川がありその川が氾濫したときに土がたまったものと推測されます。
この川は、今は廃川となりましたが明治のころまで何度も洪水をおこしたようです。
その洪水の歴史が刻まれているように感じました。

この地域はいつごろから町が発達したのでしょうか?
かつては茨木城の城下町であったこともありました。
城といってもたいしたものではなく、陣屋程度のものだったらしいです。
城主として有名なのは、中川清兵衛、片桐且元。
まあ、みんなご存知ないね。
06/11/02 TOPページ の今月の相談の更新。
06/10/29 子供が傷つく一言とは  (Yahoo ニュースから)

相次いで発生している小中学生の自殺。その理由の大半は“いじめ"によるものだという。
暴行や虐待など表だって肉体的苦痛を強いるものの場合は、その原因が火を見るよりも明らかなのだが、
厄介なのは心に無数の傷を負わせる“精神的暴力"のケースだ。

何と言っても、相手を傷つけている言葉を口にしている本人がそれを“いじめ"とは思っていないのだから始末が悪い。
ちょっとしたひと言が招く“心へのいじめ"。では、具体的にどんな言葉に人々は傷つくのだろうか。
10代から40代までの男女に「子どもの頃に他人から言われて傷ついた一言」というテーマで調査を行った。

最も多かったのは容姿に対する“からかい"。
「あごがしゃくれてる」(愛知県 20代女性)、
「オデコが広い」(秋田県 20代女性)、
「きつね目」(宮城県 30代女性)、
「たらこくちびる」(長崎県 30代女性/他)、
「ほくろが多い」(茨城県 大学生男性/他)、
「歯がでてる」(長野県 30代男性)、
「馬面」(北海道 30代男性)など顔の“パーツ"を取り上げての一言から・・・・・・。

と、いろいろ。
あごのしゃくれや、歯がでていること、たらこくちびる、は矯正で治せる可能性がありますよ!
望みを捨てるべきではありません。
06/10/27 今日の干し柿

乾燥が進みました。 小さくなってきます。
右のは新しく干し始めたものです。
今年は雨が少ないので出来がスムーズです。

そろそろ、いただくことができます。
でもしばらくは辛抱です。
ご近所のお年寄りが期待して待っておられます。

きれいな小箱で配ります。
06/10/25 新着症例!上顎前突症例(その8 )
模型の写真を追加しました。
06/10/23 症例の更新! 叢生症例(その3)
この症例は、1998年に開始、2000年に終了、2005年に5年5ヶ月後の資料作成
治療後5年半ほど経過しましたが良好な治療結果です。 治療直後の結果が維持されています!
06/10/22 新着症例!問題症例(その1 ) 内容の追加しました。

新着症例!上顎前突症例(その8 )) この症例は、欠損歯が多かったこと、上顎前歯に差し歯が3本あったことが特徴です。
差し歯の場合の矯正歯科治療がどのように行われるのか? 成功例の典型的なものです。
興味のある方はご覧下さい。 治療は、開始前に丁寧に計画が立案されます。

症例の更新! 上顎前突症例(その4) この症例は、1998年に開始、2000年に終了、2006年に6年6ヶ月後の資料作成
治療後6年半経過しましたが良好な治療結果です。 治療直後の結果が維持されています!
06/10/18 本日も柿とり。

右の写真のように干してます。 ハンガーにひもでくくりつけます。
昔はわら縄でするのが普通でしたが、今ではナイロン紐です。
急な雨でも簡単に移動できます。

柿渋について。
柿渋は昔から生活にいろいろと応用されてきてます。
とても良く染まるので、染色の材料で赤茶色に用いられます。
柿渋には防腐作用があるので、柿渋の染めは防虫の意味もありました。
柿渋を紙に塗りつけて袋にして、防虫保管したようです。
干し柿は甘くなりますが、渋の成分は残るので一度に多数食べるとお腹が痛くなります。
奈良には”柿の葉寿司”というのがありますが、昔は柿の渋の成分を用いた防腐効果を
期待したものであったのでしょう。

桃栗三年、柿八年。
なんてこといいます。 ”8年経たないと実がつかない”という意味ではありません。
柿の木は樹齢が元々長く、100年を越える樹齢の柿もあるそうです。
それだけ大事に木を育てれば、何年も長生きする木なのです。
実は3年ほどの若木でも結実させることはできますが、
8年という言葉の意味は、”木を大事に育てて簡単に実をつけさせてはいけない”
という木を大事にさせるための戒めの言葉なのです。

一方、栗はというと柿ほどの長寿の木ではなくて30年ほどの寿命のものと聞いています。
”木が若いちから実をつけさせてもかまわないよ”ということなのです。
最近の住宅の床材に、ときどき栗材が使用されることがあります。
黒褐色で味わいある色ですが、寿命で伐採された木を建築材にしているのでしょう。
栗農家では木の寿命も計画して植樹もするでしょうから、そのような木材が出まわるのでしょう。
柿材なんてものはなかなか聞かないですね。

 

06/10/17 マグロのカマ これは珍味です。
マグロといえばトロが知られていますが、実はカマのほうがおしいと思います。
カマはあくまでアラ(端っこのクズ)ですので、食べないものだとお思いの人も多いでしょう。

ところが、これが油が乗っていておいしいんだ!
塩焼きでもいいし、甘辛く煮込んでもいいぞ。
たまたま、いつもゆく”魚神”にカマが売っていた。 こんな珍しいことはない。
ふつう、料理屋にまわるもので、一般庶民に小売されることは珍しい。
だいたい、一匹で二つしかないんだから、トロよりは量は圧倒的に少ない。

え、知らないって? カマっ何だって?
本当に日本人かい?
カマはエラの穴の後ろの部分で、三日月がたの骨になっている。 この骨の中に、いい塩梅のトロトロの脂身がある。
これがうまいのなんのって・・・・。
高級じゃないよ。 二切れで580円だ。 

”魚神”ってなんだって?
魚屋だよ。 茨木市民だったら誰でも知ってる。
06/10/16 今日は予定が変わったので、柿とり。 渋柿です。 
渋を上げるために、皮をむいて干し柿にします。
1週間ほど干すと水分がとんで表面が乾いてきます。 ここで、柿をもむのです。
中心部分をもんでつぶします。 2−3日すると実がオレンジ色から深みのある琥珀色にかわって透明度がでてきます。
こうなると完成です。 果糖のスッキリした甘さで、とろんとした食感で絶品です。
まあ、昔の素朴な田舎の味ですね。 
干し柿というと、お正月の飾りに使いますが、あんなに干すと硬くておいしくありません。
06/10/15 新着症例!問題症例(その1 )  このような症例がある。 実にかわいそうな話です。 
このようなことが本来あってはならないが、相当数あるのではないかと心配します。
06/10/14 BGMの変更 聞こえてますか?

http://www.kohda.jp
を大幅に変更して更新しました。 この5年間に掲示板で公開されている質問やトラブルをまとめました。 
文章だけのサイトになりますが、いろいろと興味深い話も出てまいります。
06/10/13 先日、ある患者さんのブラッシングの状況が悪いのが気になってその人の携帯に注意の電話を入れたら、
なんとバンコクにつながった! その人は、海外旅行中だった。

”先生、波の音が聞こえるでしょう?”って調子いいんだから。 でも、私にはザーという雑音にしか聞こえなかった・・・・。

しかし、わざわざ国際電話まで使ってブラッシング指導することになるとはねえ・・・・。 
06/10/07 新着症例!開咬症例(その1 )  この症例は開咬といって、上下の前歯がまったく接触しない状況です。 5年前に公開したページですが、写真をきれいにして作製しなおしました。
06/10/06 新着症例!開咬症例(その2 )  この症例は開咬といって、上下の前歯がまったく接触しない状況です。 おまけにセメント質腫のおまけがありました。
06/09/29 新着症例!叢生症例(その3 )  この症例は受け口傾向の骨格をもち叢生を併発した症例です。 抜歯を行い歯列の幅の調整を行いました。
06/09/29 新着症例!下顎前突症例(その7 )  この症例は生まれつき歯の数が先天的に4本少ない人です。 特別な配慮をして治療をしました。
06/09/25 作成中のお見苦しいページが誤って公開されておりました、ページを確認していて気がつきました。
修正して公開さています。 ここから
06/09/24 一部、古いページを閉鎖します。 ご愛読ありがとうございました。
2000年ころに作製した治療例のページは後日、デザインを新たにして再登場させます。 
しばらくお待ち下さい。
新着症例!受け口症例(その6 )    症例の追加。
06/09/23 昨日に引き続き、TOPページImplantのページを更新しました。
06/09/22 叢生症例(その7)  久しぶりの症例の追加。 作ったものを公開するのを忘れてました。 たまたま見れた人もいたかもしれません。 なかなか意義深い症例と思います。
06/09/15 第65回日本矯正歯科学会大会(札幌)終わりました。

学会は得るものが多いです。 勉強になります。 ”ミニスクリュー”と”リンガル矯正”に関する内容が多かったです。 関係する症例発表も多かったです。 日本の矯正歯科のトレンドであろうと思います。 わたしもその方向で遅れずについていかないといけないです。

”日本矯正歯科学会専門医”の難関を突破しました。 合格者として症例展示を無事に終了しました。 合格者は150人程度と聞いています。 かなり厳しい審査になったようです。
06/09/12 セカンドオピニオン外来を診療システムに入れることにしました。

今までは初診の相談として行っていましたが、情報不足で正確にお答えすることができませんでした。
レントゲン2枚と口腔内写真を撮影して簡易診断します。 そのかわり費用を¥5000−請求します。
まず、メールにてご相談をいただき、話をしっかりとお聞きしてから判断させていただきます
06/09/11 医院紹介のページを更新しました。
06/09/10 9月13−15日は日本矯正歯科学会(札幌)で発表のために臨時休診させていただきます。
この間メールと掲示板でのお答えができませんのでご了解下さい。
06/09/07 日本矯正歯科学会の厳正な”専門医” 二次審査を合格しました。 受験者は240名余りだったようです。 
やれやれ、気が少し楽になりましたがまだ終りません。
次回は来週の札幌の大会で10症例の症例展示の総合評価が行われます。 その後、最終審査結果が発表されます。
まだまだ道は長いです。
06/08/03 最近の矯正治療で思うこと・・・・。

矯正の治療はどんどんと資本主義的になっている、つまりどんどんとお金をかけて治すようになってきている・・・。
極論だが、逆に言えばお金をかけないと治らない・・・。
そのようになってきています。
私が矯正を習い始めたころ(20年ほど前)になりますが、今ほどには治療材料もなく素材も限られていたので、
自分の頭と腕といろいろと工夫するのが当たり前でした。
そこで、自分の頭や手技を磨くことが重要視されていました。 
ところが、現在では治療結果が使用材料や装置に左右されることが多く、新たに”ミニスクリュー”のような効果的なものも出現してきたので、
新しいものを使わざるを得ないのです。
昔流の物のない時代のやり方が通らなくなってきています。
自分の腕や技術というよりも、どんな材料を用いているのか?ということが大きなウエートを占めるようになった気がします。
新しく開発された装置は多くの良い点があり魅力的です、だけどもコストが高くなります。
そのコストは矯正の費用に跳ね返ってしまいます。

今後、矯正の治療結果は向上することは間違いありません。
しかし、”安くて良い治療”という概念は矯正では通らなくなりそうです。
06/06/26 日本矯正歯科学会の”専門医” 二次審査が今話題の東京六本木で行われました。

  

受験者は今回は60名で各自指定されたカテゴリーから10症例を提出。審査と試問を受ける。
現在、日本国内での最高レベルの技術をもつ臨床家とその最高レベルの治療結果600症例がならぶ(中央)。
この中に私の治療結果10症例があると考えると最高の気分で感無量だった(右)。
06/06/19 第48回近畿矯正歯科学会・学術大会(大阪)へ発表は無事に終了しました。
今回は地元での開催なので交通が便利で気が楽でしたが、口演内容はいまいち面白いものはなかったですね。

話題は、次週の”専門医”の二次審査のことで持ちきりでした。 ねらっていた人は多かったようです。
地域でがんばっている目ぼしい先生は、皆受験しています。 これは近い将来の一級のライセンスになることは間違いないようです。
来週、来年ともにがんばります。
06/06/16 日本矯正歯科学会の”専門医” 一次審査を合格しました。 受験者は120名余りだったようです。 一次審査で不合格になった人はほとんどなかったようです。 二次審査は今月26日東京です。
06/05/29 kokoro というハンドルネームのお母様へ

せっかくのメールでのご質問でしたが、お書きになりましたメールアドレスに誤りがあり返信ができません。
もし、このページをご覧になりましたら、再度正確なアドレスをこちらまでご送信下さい。
06/05/13 スマートクリップ特集のページ作りました! ここから
06/05/04 第48回近畿矯正歯科学会・学術大会(大阪)へ発表が受理されました。 6月18日が発表の日です。
すでにすべての準備は終了して、資料は完成しています。 
06/05/03 スマートクリップ登場です。 特集のページを作る予定です。
06/05/02 日本矯正歯科学会の”専門医”申請の受付確認が帰ってまいりました。
受付番号 1 です! してやったり!! 

できれば若い番号をねらっていたのですが、まさかTOPを取れるとは思いませんでした。
3月末に学会のHPに申請の詳細を発表すると書いてあったので、それにあわせて準備していました。
これはあくまで受験番号です。 
順番が前だから良いわけではなく、むしろ最初のほうが試問が厳しくて損かもしれません。
しかし、これひとつの”賭け”です。
一番目の試問内容が合否判断の基準になるはずです。 
私の性格上、受験資料はかなりきっちりと作製してあります。 これは他に劣る内容ではありません。

認定医制度が発足したときに、つまらない理由で申請が一年持ち越しになって悔しい思いをしました。
おかげで若い番号がもらえずに、なんと824番という巨大な忘れてしまいそうな認定医番号になってしまったのです。

さて、下記で紹介した新型装置”スマートクリップ”が入荷してまいりました。
これは思っていたよりもよさそうです。 すごく嬉しくなりました。
今まで以上に、歯に優しい、痛くない、動きの速い治療ができるように思えます。
これはすばらしいです!
さっそく、土曜日から使用します。

第一号はOさんです。
前々から、色々とお調べになって使用をご希望になっていました。

きっと、良い結果になるでしょう。

06/04/13 日本矯正歯科学会では、従来の認定医、指導医に加えて今年度より”専門医”制度をあらたに新設しました。
下記のURLでご確認ください。
http://www.jos.gr.jp/society/

私もこの”日本矯正歯科学会専門医”を目指して3ヶ月間準備をしてまいりましたが、本日準備がととのい受験願書(申請書)を提出しました。(やれやれ)
学会が指定した10症例を提出し試験を受けます。
ご協力をいただきました10名の患者様ありがとうございました。 私の自慢の症例ばかりです。
試験は6月から8月まで順次行われるそうです。
結果はこの場にてご報告します。 落っこちてもご報告します。

 

06/04/07 新しい装置への変更を行います。
6月から検査を受けられる方には新装置を採用します。
費用も改訂します。矯正基本料金は58万円(消費税こみ)から60万円(消費税こみ)になります。

誠に申し訳ないことですが、これもすべて治療を受けられる方のためでございます。

06/03/19 パソコンの使用暦がながくなると、色々な部品が余ってまいります。 そのひとつは容量の小さくなったHDDです。 
有功利用するためにバックアップに使っていたのですが、規格が古くなりデータ転送速度も現状に合わなくなってきます。 
そのことに気がつかずに数年使用していたのですが、下記のクラッシュを機会に別のバックアップ方法を採用しました。 
USB2.0接続の外付けHDDですがこれが速い速い。 10Gほどのデーターのバックアップが15分ほどです。 
やはり新しい規格の商品には値打ちがあります。 
06/03/13 HDDのクラッシュから精神的は立ち直りました。 被害は思ったよりも少なかたです。 リカバリーの作業中ですが、はじめてDVDを使用してデーターの入れ替えをしてみました。 遅い遅い! こんなに遅いとは・・・・。 DVDで扱うほどの多量なデーターは経験がなかったのですが、あまりの遅さに閉口しました。 4.7Gあたり1時間ほどかかりました。

さておき、あたらしい矯正装置への変更を考えています。
スマートクリップと呼ばれるセルフライゲーションブラケットです。 
ワイヤーと装置の摩擦が少なく、歯にも負担が少なく歯に優しい装置となっています、とメーカーは説明しています。
デーモンも同じことをうたっています。 
新しい設計の装置なので、各社色々と独自の仕様を考えて販売をしています。
スマートクリップは大手のメーカーでは最後に販売された商品です。 他社の様子を見て販売に踏み切るという慎重な姿勢が感じられました。
この種のセルフライゲーションで歯に優しい装置は、すべて審美性に欠けるものばかりです。
デーモンはもっとも先発の商品でしたが審美性にはいまいちです。 
デーモン3という商品は一部が透明ですが、この材質がプラスチックであるために装置そのものへの信頼性に低いしプラスチックの変色の心配があります。 デーモン4という装置が発売を準備していますが、オールメタルと聞いています。
一方、スマートクリップも金属装置です。 これが審美性を備えたものとしては2008年に販売されると聞いています。
まだまだ、時間がかかりそうです。

装置の横に付いている上下のカギ部分がバネになっています。
一度、中に入り込むと必要以上にワイヤーを装置に圧迫しないようになっています。

この圧迫がなければワイヤーは必要以上に装置に圧迫されないので、摩擦が発生しません。 このために歯が移動しやすい条件にできるのです。

従来は、細い結紮線でくくりつけていたので、ワイヤーを装置に必要以上に圧迫していたかもしれません。 臨床的な”感”で結紮をゆるめて摩擦を小さくすることを直感的にしていたと思うのですが、これを装置の構造によってシステマチックにできるようになります。 これはすごいことかもしれません。
術者の”感”にたよるよりも、装置の構造で機械的に行われるほうがより論理的です。
治療をうける誰もがみな同じ恩恵を受けることができるわけです。
このように科学的な考え方で治療が行われるべきですね。
新しい装置への変更は7月ごろからを考えています。
これに備えて矯正の費用の改訂をしないといけないかもしれません。
これは誠に申し訳ないことです。 試算では2万円ほどの材料費が必要になります。 現在58万円ですが60万円となります。
でも、この費用は患者さんにすべて還元できる内容なのでよい決断かもしれません。

第48回近畿矯正歯科学会・学術大会(大阪)へ発表のエントリーをしました。
06/03/08 HDDがクラッシュしました。今回のは本物のクラッシュです。 ハリバリ、ギギギ、ガガガ、プシュン・・・。 これで一切のデーターが失われました。 前回は2年2ヶ月前の8日でした。 忘れたころにやってくる・・・・。 
論理的に機械を読まないのでどうしようもありません。 データーのサルベージもできませんでした。 タダのくず鉄と化しました。
古い機械で6年目になってましたが、やはり5年で交換したほうがよかった。
今回は前例もあったのでバックアップがあったのですが、忙しさにこまめではなく2週間分程度のデーターが失われました。
残念・・・・。 被害の程度はまだわかっていません。
06/02/08 新しいサイトを公開しました。http://e-ortho.jp/
06/02/07 掲示板のお尋ねに答えるのも難しいです。
難しい場面に遭遇しました、ほんとのことが書けないことになりそうですね。
06/01/29 国内に矯正歯科界で、最も高い権威を誇る日本矯正歯科学会は新しい”日本矯正歯科学会専門医制度”を発足することを決めた様子です。 前から言われていましたが、年内にもいよいよ開始のみこみ。

いままでの”認定医”より上のランクで”専門医”と称される。 
もともと”指導医”というランクがあったが、これは大学の教員資格にして社会の接点とはしない、と明記されている。
つまり、患者さんが矯正歯科の治療を受けたくて先生選びをする場合に、認定医や指導医から選ぶのではなくて、
専門医から選んでほしいという意向。
結局、認定医のレベルが低いことに問題がありそう。(私見です)

専門医は、認定医を取得後5-10年臨床を重ねないと実質的に取れないような内容で、
矯正歯科医師中のプロ中のプロの称号になりそうです。
いい加減な人には絶対になれない!

私も第一期の申請のグループに入りたいですね。
そのグループのメンバーは有名なそうそうたるメンバーばかりになりそうで、私なんか一番若造になるだろう。
 
06/01/22 今年の学会活動の予定
第58回近畿北陸地区歯科医学大会雑誌 投稿2題 予定
第48回近畿東海矯正歯科学会 臨床症例報告 予定
できたらもう一題投稿 予定

大学の講座員でもないし一介の田舎開業医なおで、別にしなくても良いことながら、
手ぶらで学会に行くと他人に遅れを取っているようでなぜかあせってしまう。
06/01/06 明けましておめでとうございます。  毎年のご訪問ありがとうございます。 今年もがんばって皆様のためになる情報を公開します。
本日以降に治療開始をお考えの方には、費用が改訂されていますのでご注意ください。
05/12/30 BGMの変更 聞こえてますか? 曲名ノスタルジア 

誠に申し訳ございませんが、2006年より治療費用の改訂をさせていただきます。
大きな変化ではございませんが、検査料55000円(消費税含む) 矯正料580000円(矯正料含む) となり、合計3000円の値上げでございます。 ご理解をお願い申し上げます。 現在、通院中の患者さんにはなんら影響はございません。
05/12/21 BGMの変更 聞こえてますか? 曲名ニーナ
05/12/16 BGMの変更 聞こえてますか?
05/12/12 今日は休診日だったので、患者さんにくっついて歯科医院にいった。 
まえもって、文書で治療依頼をしていた内容だったが、やはりその場で説明しないと相手の先生を納得させられない。
元々、前歯に多数の差し歯が入っているのだが、よくあるケースでこれが極端に内側向けに傾斜させて作ってあった。
そのままではいけないので、すべての差し歯を撤去して前にとび出したように(オリジナルどおり)歯を作り直していただく。
そして、矯正で歯の内側に傾斜させて治療する。 するとお口元が美しくなる。

BGMをつけてみました。 冬季のみ。 耳障りにお感じの方もおられるかもしれないので、このページで1回のみの再生です。
 から拝借しました。 バナーをクリックして聞きに行って下さい。
05/12/05 本日、他院で治療を終了されたばかり方がご相談にお見えになりました。
せっかく、大金と長時間をかけた(ある意味、青春をかけた)治療に満足ができない結果になって気の毒に思いました。
詳細を公開することは躊躇がある。
05/12/05 新着症例!叢生症例(その8 )  空隙歯列(すっき歯)の症例 このタイプはよくあるわりに、なぜか症例リストから漏れていた。
なぜにかばんごうは8番目。 7と6はいったいどこに? 探してください!
デザインもやや変更して幅を狭くした。 横方向のスクロールはしないのでいいですか? 皆様どの大きさのモニタを使用されているのか?
05/11/14 デザインとフォントの変更、一部字句の修正も行いました。
05/11/03 CT撮影による三次元画像診断のおすすめのページを新設しました。
ここから
私の矯正治療はどんどん変化しているぞ! ちゃんと読んどいて、好田先生と共に高い理想を追い求めよう!
05/10/31 ミニスクリュー(矯正用インプラント、ネジ)を用いた矯正治療のページを新設しました。
ここから
05/10/30 たまたま、”オレンジ服のかなえ”様が旧掲示板にご質問をいただきました。
お答えは矯正歯科”新”掲示板 に書かせていただきます。
画像をご覧いただけますので、よくわかっていただけると思います。
05/10/28 画像を掲載できる 矯正歯科”新”掲示板 を公開しました。
CGIの作製なんかできないので、ちょっと、苦労しました。
まだ誰も書き込みがありません。 どなたがいちばんかなあ?
05/10/21 ミニスクリュー(インプラント)の採用を治療中および治療開始の皆様にお勧めしてますが、思いのほか反響が大きくてうれしく思います。
採用していただく人が増えればいいなあ、と思います。
CTの採用は順調に実績を伸ばしています。 こちらの取り組みは、是非とも皆様に知っていただきたい内容です。
そのうち別ページを作製して紹介します。
05/10/16 苦労の末、ひょんなことでnxxxxxxxxxx”さんのアドレスを割り出すことができ、回答メールを返信できました。
でも、ご本人はこちらが苦労したことはわからないご様子でした。

voice の更新!ここから 
05/10/15 nxxxxxxxxxx”というメールアドレスでインターネット相談をご利用の方へ

あなたのお書きのメールアドレスは誤りがありました。 
回答いたしましたがメールが戻ってまいりました。
残念です。
あなたにはとても重要な内容ですので、この掲示板をご覧になりましたらかならずご連絡ください。
05/10/13 日本矯正歯科学会に行ってまいりました。 今回は発表はありません。 この学会は格調が高いので私は少し気後れしてしまいます。
それはさておき、
最近私は臨床ではインプラントスクリュー、診断ではCTの採用をすすめておりました。 今回の学会のトレンドもその方向を向いています。
参考になる内容も数多く得るものも多かったです。 勉強になりました。 それと自分の実践している方向が間違いがないこと、
そして最先端ではないにしても決して遅れをとっていないことに大変に意を強くしました。
05/10/01 voice の更新! 上下顎前突症 ここから 

今日は、人の信義とは何か、と思わせるような事案があった。

治療開始ということで検査の時間を予定していた。 
その患者は、どうしても土曜日希望ということで、しかたなく始業前の時間外に45分の時間を作っていた。 
ところが、まてどもまてどもその患者は現れないし何の連絡もなし。
家に連絡しても連絡がつながらない。
携帯も教えてくれない。

今日のは子どもの運動会だった。 せめて朝だけは日ごろの練習の努力を見てやらないと、と思っていたが、
昼一番の検査を実施するために、運動会はほとんど見ないで朝中は検査の準備をしたのになあ・・・・。
どうも言いようのない気分の悪さである。
しかし、不思議に腹がたたない。
それよりも、人を信じることのむつかしさというか、無情さというか、情けない気持ちで沈んでしまった。

その患者からは、2時間ほどしてから連絡があったそうで、
謝罪があり次回の約束を決めた、と後から受付から聞いた。
スタッフに自分の心が動揺していたことを知られたくなかったので、
”ああそう”、とこともなげに答えはしたが、
信義を裏切られた気分で、実はがっかりしていた。
しかし、ここでも不思議に腹がたたない。
それよりも、そのような人もいるという現実をうけいれないといけない、と納得させるには時間が必要だ。
立ち直るのに3時間ほどかかったように思う。

医療は信義信用がすべだ。
世の中(マスコミ)は何かというと、患者からの信用を得られる診療を医療側に求めることが多い。
しかし、患者の勝手気ままにはとがめだではしていない。
これは明らかに片手落ちで不公平だ。
患者側にも最小限のルールを守っていただきたい。
医療側から信用を得られる患者になっていただきたい。
人の信義のないところに良心的な医療は生まれない。
医療側、患者側が対等に信用信頼し合い、お互いを尊敬し合い高め合う姿勢がなくてはどうも仕様がない。
05/09/30 voice の更新! 他院での問題症例  掲示板の過去ログに記録がありましたので掲載してみました。 
05/09/29 voice の更新! 他院での問題症例  
05/09/28 voice の更新! 上顎前突症追加!
05/09/27 voice の更新! 下顎前突症追加!
05/09/26 voice の更新! インプラントスクリューの内容を追加!
05/09/26 患者さんの声と感想のページを新設しました。 かつてVOICEというページがありましたが動画作成にてまどり中止。
患者さんたち、意外といろいろと意見を書いてくれます。 面白いページになりそう!  
05/09/25 新着症例!上下顎前突症(その5) 
1年以上ぶりに新しい症例を公開します。 2005年の54番目に終了した方です。 2003年治療開始でした。
公開履歴の古い症例と比較すると、仕上がり具合が格段に優れています。
自画自賛になりますが、”うでがあがったなあ”としみじみと思います。

今年の5月に投稿していた論文が印刷公開されました。
第57回近畿北陸地区歯科医学大会誌に ”混合歯列期より成長終了期まで治療が及んだAngle ClassU症例”というタイトルです。
これもひしひしとうれしいねぇ。
05/09/20 講座の時代の先輩の先生から、舌側矯正の勉強会に誘われました。 皆さんよく頑張っていらっしゃいます。
私も頑張らないといけないと思いました。
05/09/18 患者さんから http://www.kohda.jp  の画像が見れないとのご指摘をいただきました。 画像設定がウエッブサイト作成ソフトの機能を超えていることに気がつきまして、修正いたしました。 ご指摘ありがとうございました。 

掲示板で、リテーナーに関する解説が足りない、とのご指摘をいただきました。 
うん、確かにそうですね。 他の部分の厚みに比べると記載が少ないですね。
そのうちに保定装置の専門ページを作りましょう。 しばらくお待ちください。
05/09/15 いつもWinPCが2度目の修理より帰ってまいりました。 一度目の修理ではなおらず、二回目の修理では電源ユニットとグラフィックボードの交換です。 HDD以外はすべての部品が新しいものと交換されました。 いまのころ機嫌がよさそうです。
キーボードのタッチはマックよりもタッチが深くてしっくりしますね。 思い切りたたいても大丈夫。 

http://www.kohda.jp を公開しました。 サーバーのホスティングサービスは初めてですが予想よりも簡単でした。 
中身はカラッポでごらんのとおりです。 ちょっと、吐き気がしましたか? うんそうだね、吐き気のページを作ろうか・・・。
まあ、少しずつ移行します。

今日は診療が休みの日だったので、大阪大学歯学部付属病院まで出張してCTのお勉強でした。 
疑問が解決したので積極的にHPで公開する気になりました。
05/09/10 このHPを作製するWinPCが壊れてしまいました。 マザーボードの電源系統の故障で、ボードを交換しました。 その間、iMACを使わざるを得なかったので自然に慣れることになりました。 インターネット接続系の使いやすさが際立っていました。 ユーザーにとても優しいOSです。
ハードウエアの能力の低さと価格の高さで、パフォーマンスは悪いですが使いやすさではWin系より数段優れているようです。

CTの映像による診断効果はすばらしいです。 

独自ドメインで新しいサイトを作製します。 そのうちにお知らせします。
05/08/27 CTの撮影をこれから治療が始まる何人かの方にお願いをしております。 
さらに高度な画像診断のためにPC上で画像処理をして判断材料にしてゆくことにしました。 
医科ではすでに行われていたことですが、歯科とりわけ矯正歯科での使用はごく少ないのではないかと思います。
学会での発表もほとんどなく、臨床応用の面では最先端に位置していると自負しています。
 
ところが使用するこのPCがアップル社製のiMACです。 先週買って参りました。 
経験がないのでたいへんに当惑しています。 まず、コンピューター用語がわからない・・・・。
05/08/27 二三の方よりご指摘をいただき、メール相談のハイパーリンクの張り方が更新されていなことに気がつきました。 更新漏れしたページがありました。 ご指摘ありがとうございました。 修正いたしました。
05/08/01 サイト公開以来、5年6カ月間のうちにいつのまにか85,000件のアクセスがありました。 ご訪問ありがとうございました。

当院で治療をお考えの方へのお願いです。
診断レベルを向上させるためにCTの撮影をお願いすることがございますのでご了解ください。
歯の周囲や根先部分の骨の状況を把握し治療に生かすことが目的です。 CTの撮影によって矯正治療が易しくなるわけではありませんが。 むしろ、私は胸が締め付けられる思いをすることが多くなるばかりです。 というのは今まで何も見ないですんでいたことが、見えてしまうわけですからねえ。 心配しないといけないことが増えてきます。 
 しかし、これは時代の流れです。 
医療側は今まで以上に、より厳しく診断と治療を行わなくてはならなくなると思います。 
結局は最後には、患者さんの利益につながるものと信じております。 ご協力をよろしくお願い申し上げます。
ここ一ヶ月で、7−8人の方にCT(プラスMRI)の検査を受けていただきました。
05/07/02 診断レベルを更に高度にするために、デンタルCTの撮影を患者さんにお願いすることにしました。
歯科用CTはいまだ数千万する代物で、しがない一般開業医には手がでない高価な機器です。 ところが、大阪大学にこちらののオーダーを受けていただけることになり、撮影依頼が実現可能となりました。 これからは三次元での分析になります。 前人未到の領域に入ることができるようになりました。 全員の患者さんにお願いしたいところですが、立地の問題もあるので当面は限られたひとにのみお願いしようと思います。
05/06/12 学会発表終了です。 やれやれ、ほっとしました。
今年の学会は得る物が多かったように感じました。 今後十年のトレンドがわかったように思います。
05/05/21 来月12日には、名古屋で第47回近畿東海矯正歯科学会。 症例展示で発表予定です。 これで5年連続です。
毎年継続してやっているとさほどの苦労なく準備ができます。 
症例展示の発表は一般口演と同じ扱いなので、歴史上ほとんど後には残りません。 
そこで、これだけで済ますのはものたりないと思うようになって、
この内容を少し充実させて第57回近畿北陸地区歯科医学大会紙上研究発表に、
混合歯列期より成長終了期まで治療が及んだAngle ClassU症例”というタイトルで論文として投稿いたしました。

論文を投稿するのは1992年の学位論文が最終で、お恥ずかしい事ながら15年ぶりです。
頭が”学術”という点で完全に錆び切っているので、比較的ハードルの低い学会からはじめて最後には最高レベルの学会誌にまで挑戦してゆきたいです。 
05/05/05 ミイというハンドルネームで下記の内容のインターネット相談をご利用の方へ

[現在の症状]
上の前歯2本をさし歯・・・・・・。

あなたのお書きになったメールアドレスが誤りのようです。
せっかくの回答のメールが返送されてまいります。
05/04/10 皆様方へのお願い

好田矯正歯科では矯正治療をお考えの方に便宜をはかるために、開業時より無料相談を行ってまいりました。
いろいろと無理をおっしゃる方もおいでになり、診療時間外に延長して相談の時間を工面してご用意申し上げております。
  (一口に”時間外”と申しますが、スタッフは時間通りにしか出勤しませんので、
   床のモップがけや掃除機がけ、洗濯物の取り込み等すべて私が自分でしなければなりません。)
ところが、何の断りもなく相談の時間にお越しにならないという方が増えてまいりました。
こちらの努力が全く無駄となり残念に思います。
無料相談の”無料”だからといって軽くお考えになっているように感じられ、
今後は有料相談としてわずかでも費用をご負担していただかないといけないのではないかと考えています。
矯正の治療費が高いのでせめて相談くらいは無料で、とずーっと思っていたのですが、
そのような良心も通じない世の中になっているようです。
05/03/26 サイト公開以来、5年1カ月で75,000件のアクセスがありました。 ご訪問ありがとうございました。
05/01/23 サイト公開以来、4年11カ月で72,000件のアクセスがありました。 ご訪問ありがとうございました。

先日、はるばる奈良県から1時間半かけて小4の男の子とお母様がご相談にお越しになりました。
お母様のお子様への思いには頭がさがると同時に、とても嬉しく思いました。
ところが、この症例、どのようにしても近い将来、歯列の凸凹がひどくなることが見えており、
永久歯列になったときに必ず抜歯の治療を避けて通れないと判断されました。

そうなれば、あえて今からはじめることは適切かどうか?
通院の時間やカリエスの管理、ご本人の精神的負担などを考えれば、
治療期間は少しでも短いことがメリットが大きいと私は思いました。
こののままで何もせずに永久歯列ができるまで待ちましょう、ということになりました。
なんといってもまだ10歳ですからね。

ともかく、医療とは患者さんの利益を一番に考えることですから。
患者さんの利益と医院の利益は必ずしも一致しないわけですが・・・・。
”私の医療”とは、すなわち”医道にそむくまじき事”(新撰組局中法度 一、士道ニ背ク間敷事)
05/01/06 明けましておめでとうございます。  毎年のご訪問ありがとうございます。 今年もがんばって皆様のためになる情報を公開します。

さて、昨年メール相談を受けた内容で深刻な医療過誤(不法行為の表現が適切かも)を疑う内容のものがありました。 
遠方の方だったので、すぐに近隣の大学病院に相談するようにすすめました。
内容は小児矯正の内容で、あまりに年少から治療を始めすぎたために過剰な医療によって生じた医療ミスを疑う内容でした。 
小児の矯正の開始時期とその内容には充分にお気をつけください。 
小児の矯正ではそれほどやるべき内容はたくさんあるわけではありません。 必要以上のことはしてはならないのです。 

では、なぜそのようなことが行われるのでしょうか?
担当した者の未熟、知識のなさが疑われる一方で、モラルの欠如も感じます。
あまりに金儲けに走りすぎではないかと思いました。
医療機関によってはどのような年齢(幼稚園)でも治療開始をすすめる所(もうすでに医療機関とは言えない)がありますが、
そんな人のすすめにのって治療をはじめるとえらい目にあうこともありますよ。 

サイト公開以来、4年11カ月で71,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
04/12/13 サイト公開以来、4年10カ月で70,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
04/11/23 サイト公開以来、4年9カ月で69,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
04/11/19 昨日は日本矯正歯科学会で九州まで日帰りで参加。 ちょっとしんどかった。
04/11/15 小児矯正に注意事項を追加、業界の裏話につながる爆弾発言かもしれない。 
04/11/05 サイト公開以来、4年9カ月で68,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
04/10/26 昨日、和歌山より2時間かけて遠路はるばる相談にお越しいただいた方がありました。 この方の熱意には全く頭が下がります。
04/10/19 サイト公開以来、4年8カ月で67,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
思えば先月の発熱はインフルエンザだったのかもしれない。
04/10/03 サイト公開以来、4年8カ月で66,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
04/09/19 サイト公開以来、4年7カ月で65,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
現在、病に臥せっています。39度発熱です。これはなかなかに苦しいです。
04/07/05 サイト公開以来、4年5カ月で60,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
04/06/17 叢生症例(その5)を追加しました。
04/06/13 サイト公開以来、4年4カ月で59,000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
上顎前突症(その2)を更新しました。 デザインの変更と一部記述を簡略化しました。
04/06/10 ISDN用の動画はストリーミングサーバーからの配信になりました。 ISDNの方、少しはやくなったかな?
ADSL等のブロードバンドの方は従来どおりウエッブサーバーからのダウンロード配信なのですが、どうやらこのほうが速いと思われます。
その理由、動画の時間が1分少々で短いから。 ともかく、動画配信に不慣れなので技術習得のレベルなので、すべてがまだまだ幼稚なのは申し訳ないです。 今後の更新の方針は”文字を読まないですむサイト”を目指しますが、当面の更新予告は6・20の学会発表症例の公開です。
04/06/06 医院紹介のVTRを動画で公開します。 本格的ストリーミングでないため、少し時間がかかるかもしれません。
まずはご覧ください。           ADSL    ISDN   
04/06/02 を新設しました。 患者さんの声を動画で配信(ADSL  ISDN )します。 もちろん、ご本人さまから許可を得ています。
04/05/29 上顎前突症(その5)を更新しました。 デザインの変更と一部記述を簡略化しました。
04/05/28 インターネット予約とメール相談のフォームを作りました。 今更・・・て感じなんですが、まあアドヴァイスもあることですので。
この次の更新予告  動画のストリーミング配信をめざします。
04/05/24 上顎前突症(その4)を更新しました。 デザインの変更と一部記述を簡略化しました。
文字が多すぎて見にくいとご指摘いただき、内容を絞り込んで使いやすいサイトを目指します。
せっかくここまで年数をかけて積み上げたものを削るのは辛いのですが・・・・。 今後、閉鎖するページも出るかもしれないので今のうちに見ておいてください!
04/05/21 私の写真もついでに公開しました。 いやぁー、もう、ばつが悪くて・・・・。
45才にもなりますといつまでも青年のようにはまいりません。

今回の改装は私の年齢不相応の雰囲気かもしれません。
04/05/20 関東の某ウエッブサイト作製会社の方がお見えになりまして、このサイトへのアドヴァイスを多数いただきました。
自分では気がつかなっ欠点を多数を教えてもらったので改善に努めます。 ともかくユーザービリティの向上を目指します。
”黒”のカラーも”濃紺”に変更しました。 エキサイトのまねをして、黒のほうが”自己主張”が強くあって良いと考えたのですが・・・・。
04/05/18 おまたせいたしました! 11ヶ月ぶりで成人の上下顎前突症例(その4)を追加しました。 成人矯正の症例は全部で25症例。 
これも私のお気に入りの自信の症例です。
 
04/05/16 サイト公開以来、4年3ヶ月で57,000件のアクセスがありました。
ご訪問ありがとうございました。

改装した診療室は”オシャレ”と皆様から好評です!
ちょっと”クール”になったかもしれませんが、さわやかで清潔感にあふれています。
以前より通院の方々には驚きでしょう。
04/05/09 院内の改装工事終了しました。 今月からきれいな矯正歯科でスタートします。
04/04/22 いろいろ考えまして、改訂10版の発行です。デザインを変更します。
04/03/17 サイト公開以来、4年1ヶ月で54,000件のアクセスがありました。 ご訪問ありがとうございました。
04/02/26 サイト公開以来、4年で53,000件のアクセスがありました。 ご訪問ありがとうございました。
04/02/09 サイト公開4周年です。52,000件のアクセスをいただき、ありがとうございました。
HDDのリカヴァーが完了しました。 一ヶ月もかかるなんて・・・。 復活できたデターは80%ほどでした。
更新はしばらくお待ちください。 
04/01/23 サイト公開以来、3年11ヶ月で5,1000件のアクセスがありました。
多数のご訪問ありがとうございました。 HDDのリカヴァリーはいまだついていません。
この更新はサブのノート型なので使いにくくって・・・・。
今年は好田矯正歯科開業10周年記念事業で、院内の大規模改装を行います。 最新の歯科ユニットで皆様をお待ちします。 
04/01/08 サイト公開以来、3年11ヶ月で50,000件のアクセスがありました。  多数の方のご訪問ありがとうございました。
せっかくの50,000件の記念日に運悪く、HDDがクラッシュして記録が失われました。 XPは安定して動くので過信してたらこんなことになりました。 HPの更新のためのデーターも完全に失われました。 更新はしばらくお待ちください。
04/01/04 明けましておめでとうございます。  毎年のご訪問ありがとうございます。 
サイト全体が巨大になりすぎて全体を隅々までご覧いただけない状態になってしまいます。 
そんな素人サイトですが、くまなくご覧いただいている方もおいでになるようなので、少しずつ新しい内容を
追加できるよう努力します。 今年もよろしく!
03/12/18 サイト公開以来、3年10ヶ月で49,000件のアクセスがありました。
多数のご訪問ありがとうございました。
03/12/03 サイト公開以来、3年10ヶ月で48,000件のアクセスがありました。
多数のご訪問ありがとうございました。
03/11/18 サイト公開以来、3年9ヶ月で47,000件のアクセスがありました。
多数のご訪問ありがとうございました。
03/11/02 サイト公開以来、3年9ヶ月で46,000件のアクセスがありました。
多数のご訪問ありがとうございました。
03/07/24 サイト公開以来、3年5ヶ月で40,000件のアクセスがありました。
多数のご訪問ありがとうございました。
03/06/30 上顎前突症(その1)を3年ぶりに更新しました。 デザインの変更と一部記述を追加しました。
03/06/25 昨日公開した内容を一日で更新しました。 デザインの変更です。 しばらくこのデザインを使用します。
03/06/24 おまたせいたしました! 1年ぶりで、成人の上顎前突症例(その6)を追加しました。 成人矯正の症例は全部で24症例。 これも自信の症例です。
03/06/16 サイト公開以来、3年3ヶ月で38,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
03/05/14 サイト公開以来、3年2ヶ月で36,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました
03/04/14 スタッフを更にもう一名増員します。 非常勤の歯科衛生士の方を募集します。 誰かいい人にめぐり合えればいいのですが。
03/04/27 サイト公開以来、3年2ヶ月で35,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
03/04/07 サイト公開以来、3年2ヶ月で34,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
03/03/19 サイト公開以来、3年1ヶ月で33,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
03/03/01 サイト公開以来、3年1ヶ月で32,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
03/02/09 サイト公開以来、3年で31,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
03/02/08 サイト公開3周年です。30960件のアクセスをいただき、ありがとうございました。
03/01/21 サイト公開以来、2年11ヶ月で30,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
最初の10,000件のアクセスをいただくまで19ヶ月かかりましたが、次の10,000件は9ヶ月で達成されました。 今回は、7ヶ月で達成されました。 多数のご訪問ありがとうございました。
02/12/31 サイト公開以来、2年10ヶ月で29,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
年初来、約16000件にのぼるアクセスをいただきました。 ありがとうございました。
アクセスログから、お一人の方が何度も見にきていただいているようです。 厚く御礼申し上げます。
来年も皆様のお役に立つようがんばります。
02/12/05 サイト公開以来、2年10ヶ月で28,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/11/15 サイト公開以来、2年9ヶ月で27,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/10/25 サイト公開以来、2年8ヶ月で26,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/10/15 デザイン変更中です。 わかりやすくしたつもりですが、どうでしょうか?
02/10/08 全体のページデザインを大きな変更を開始しました。改訂9版とする予定です。
記載内容のおおきな変更はありませんが、ナビィゲーションを良くしたつもりです。
02/10/04 サイト公開以来、2年8ヶ月で25,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/09/14 サイト公開以来、2年7ヶ月で24,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/08/27 サイト公開以来、2年6ヶ月で23,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました
02/08/08 サイト公開以来、2年6ヶ月で22,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/08/07 好田矯正歯科に通院中の患者さんへのメッセージの追加
02/07/18 サイト公開以来、2年5ヶ月で21,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/07/07 introduction のページのデザイン変更
02/06/30 おまたせいたしました! 久しぶりで、成人の上顎前突症例(その5)を追加しました。 成人矯正の症例は全部で23症例。 ちょっと、写真と解説の多い症例です。
02/06/27 サイト公開以来、2年4ヶ月で20,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。 
最初の10,000件のアクセスをいただくまで19ヶ月かかりましたが、次の10,000件は9ヶ月で達成されました。 ありがとうございました。
02/06/25 スタッフの募集を終了しました。 ご応募ありがとうございました。
02/06/05 サイト公開以来、2年4ヶ月で19,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/05/20 サイト公開以来、2年3ヶ月で18,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/05/19 presentation のページの字句を訂正
02/05/17 スタッフを更にもう一名増員します。 非常勤の歯科衛生士・歯科助手の方を募集します。 2月に引き続きの追加募集です。  誰かいい人にめぐり合えればいいのですが。
02/05/16 舌側矯正(歯の裏側矯正)装置の作製に関する内容を追加しました。 Lingualのページをご覧ください。
02/05/07 毎度、ご訪問ありがとうございます。 現在、新しいデザインを考案中ですが、本業が忙しく更新が思うにまかせません。 
02/04/27 サイト公開以来、2年2ヶ月で17,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/04/06 サイト公開以来、2年2ヶ月で16,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/03/17 サイト公開以来、2年1ヶ月で15,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/03/14 FAQに項目を追加。FAQ19、FAQ32のページの追加.
02/03/13 FAQに項目を追加。FAQ44のページの追加.審美製に富むセラミック製装置の費用に関する内容。
02/02/26 Index page の内容を一部更新しました。
サイト公開2周年(2/8で)です。13679件のアクセスをいただき、ありがとうございました。
02/02/23 舌側矯正(歯の裏側矯正)にかんするぺージの内容を更新しました。
02/02/20 サイト公開以来、2年で14,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/02/21 舌側矯正(歯の裏側矯正)にかんする内容を追加しました。 Treatmentのページをご覧下さい。 舌側矯正の歴史にも少し触れてみました。
02/02/06 非常勤の歯科衛生士・歯科助手の方の募集を終了しました。 ご応募ありがとうございました。
02/02/06 矯正治療に関して一般的説明をしているTreatmentのページをウーンと更新しました。 あちこちにばらばらになっていた内容をまとめてわかりやすくまとめてみました。 わかりやすくと言ってもかなり高度な内容になっています。 これも私のこだわりでしょうか。
02/01/23 非常勤の歯科衛生士・歯科助手の方を募集しています。
誰かいい人にめぐり合えればいいのですが。
02/01/18 サイト公開以来、1年11ヶ月で13,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
02/01/17 あけましておめでとうございます。 毎度、ご訪問ありがとうございます。 今年も頑張って更新します。 サイト全体が巨大になりすぎて全体を隅々までご覧いただけない状態になってしまっています。 う-ん、どうしたものかな?
01/12/31 年初来、約9000件にのぼるアクセスをいただきました。ありがとうございました。
アクセスログから、お一人の方が何度も見にきていただいているようです。厚く御礼申し上げます。
 来年もがんばります。
01/12/11 サイト公開以来、1年10ヶ月で12,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
01/11/08 過去に追加更新した症例のうち、人気のある症例を順次紹介します。
01/11/04 index pageのデザインを変更し、改訂8版としました。
01/11/02 サイト公開以来、1年9ヶ月で11,000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
01/10/07 index pageのアニメを復活しました。 
01/10/05 おまたせいたしました! 
成人の下顎前突症例(その5)を追加しました。 成人矯正の症例は全部で22症例。
ちょっと、解説の長い症例です。
01/09/27 サイト公開以来、1年7ヶ月で10000件のアクセスがありました。多数の方のご訪問をいただき、ありがとうございました。
9月もたいした更新ができずに終わってしまいそうです。 本職が忙しすぎます。
01/09/05 8月は忙しく、ほとんど更新できませんでした。 9月は少々暇ができそうなので新しい症例をご紹介できると思います。 しばらくお待ちください。
01/08/25 サイト公開以来、1年6ヶ月で9000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
01/08/13 CGIでゲストブックを設置しました。 
このサイトへのご意見、ご希望あるいは矯正治療へのご質問があればご記帳いただければできるだけお返事を書きたいと思います。
01/08/09 成人のMTM症例(その1)を追加しました。MTM症例の公開は初めてです。成人矯正の症例は全部で20症例。
01/07/24 サイト公開以来、1年5ヶ月で8000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
舌側矯正のPresentationのページのデザインを更新しました。 アニメの登場! 
01/07/21 Presentationのページのデザインの変更。 index page の次にmain となるページだけにデザインのできの悪さが気になっていたのですがようやく更新できました。 アニメの登場! だけど、決してイイ出来じゃない!
01/07/12 FAQの説明を追加更新
01/07/05 index pageのデザインを改訂。introduction のページを更新。
01/06/29 index pageのデザインを改訂し、改訂7版としました。アニメは重いので中止。
01/06/27 FAQに項目を追加。FAQ42、FAQ43のページの追加。これらは極めて専門的な内容を平易にわかりやすく解説したページで、著者の意気込みが感じられる力の内容!
01/06/22 FAQの内容の更新です。FAQ36のページの追加。
01/06/18 サイト公開以来、1年4ヶ月で7000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
01/06/16 舌側矯正治療のページに注意書きを追加しました。よくみてね!
01/06/13 index pageのデザインを一部更新しました。
01/06/12 index pageのアニメを更新しました。
01/06/07 index pageのデザインを改訂し、改訂6版としました。
01/06/06 index pageにアニメの追加、硬いページなので柔らかくしようと思いましたが・・・。
01/06/03 FAQに項目を追加。 料金関係の内容です。全部でFAQは41題。
index pageにFAQ Hot Spot を追加。 
FAQ21、FAQ40、FAQ41のページの追加。今後、FAQは独立したページにする予定
01/05/10 サイト公開以来、1年3ヶ月で6000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
01/04/28 改訂5版のアップロード。index pageのデザインを少し改訂し、別名URLで公開。
01/04/25 成人の上顎前突症例(その4)を追加しました。成人矯正の症例は全部で19症例。
01/03/29 FAQに項目を追加。 全部でFAQは39題。
01/03/25 FAQに項目を追加。 全部でFAQは38題。
01/03/24 サイト公開以来、1年1ヶ月で5000件のアクセスがありました。ご訪問ありがとうございました。
01/03/14 FAQに項目を追加。 全部でFAQは36題。
01/03/11 料金表の修正。料金を改訂したわけではありませんぞ。 FAQに項目を追加。
01/03/01 料金表の修正。料金を改訂したわけではありませんぞ。
01/02/27 成人の上下顎前突症例(その1)を更新しました。 FAQに項目を追加。
01/02/25 CGIを設置しました見えないところでアクセスカウントしています。
01/02/10 FAQに項目の追加。
01/02/09 Introduction 医院紹介のページに私の治療コンセプトを追加しました。
01/02/08 サイト公開1周年です。4112件のアクセスをいただき、ありがとうございました。
症例集の追加。叢生症例の
1症例を追加しました。6か月ぶりの追加です。
永久歯列の治療は全部で18症例。
01/01/28 サイト公開以来、11ヶ月で4000件のアクセスがありました。ありがとうございました。
01/01/25 Index pageの修正。サイト全体を見通しやすくなったでしょうか?
01/01/15 Introduction 医院紹介のページを一部修正。
01/01/14 Index pageの一部修正。
01/01/12 改訂4版のアップロード。index pageの改訂からスタート。
01/01/08 あけましておめでとうございます。今年も頑張って更新します。
小児矯正の症例集の追加。その他の1例を追加しました。全部で6症例。
00/12/14 各セクションを少しずつ変更しました。
00/12/09 Introduction 医院紹介のページを更新しました。
00/11/24 サイト公開以来、9ヶ月で3000件のアクセスがありました。ありがとうございました。
00/11/19 小児矯正の症例集の追加。開咬症の1例を追加しました。全部で5症例。この症例はあまりないめずらしいケースです。
00/11/16 小児矯正の症例集の追加。叢生症の1例を追加しました。全部で4症例。この症例はよく見られるケースで、多くの方に役にたつはずです。
00/11/03 小児矯正の症例集の追加。下顎前突症の1例を追加しました。全部で3症例。
00/10/31 FAQに項目の追加。
00/10/30 治療の概略についての説明を一部詳しくしています。
00/10/29 舌側矯正治療の症例集の特集第2弾! 内容を濃くしました。
00/10/04 料金表の修正。料金を改訂したわけではありませんぞ。
00/09/28 舌側矯正治療の症例集を特集として追加しました。全部で21症例。
00/09/27 FAQに項目(小児矯正の内容)を追加しました。
00/09/26 FAQに写真を追加しました。
00/08/19 小児矯正の症例集の追加。小児の下顎前突症例の1症例を提示。小児矯正は全部で2症例。全部で20症例。
00/08/13 JavaScriptで一部の写真に仕掛けを追加。見つけられるかな?
00/08/11 症例集の追加。上下顎前突症例の1症例を追加しました。全部で17症例。
00/08/03 小児矯正の症例集の新設。1症例を提示。
00/07/30 リンク登録開始。院長の研究業績のまとめを追加。
00/07/27 症例集の追加。外科的矯正治療の1症例を追加しました。全部で16症例。
00/07/22 症例集の追加。下顎前突症例の1例を追加しました。全部で15症例。
00/07/21 症例集の追加。外科的矯正治療の1症例を追加しました。全部で14症例。
00/07/08 症例集の追加。叢生症例の2症例を追加しました。全部で13症例。
00/07/06 症例集の追加。上下顎前突症例の設定と1症例を追加しました。全部で11症例。
00/07/05 症例集の追加。外科的矯正治療の1症例追加しました。
00/07/03 症例集の追加。1症例追加しました。
00/07/02 症例集の追加。2症例追加しました。
00/06/30 症例集の追加。1症例追加しました。
00/06/29 症例集の追加とtable ダグの見直ししました。
00/06/26 table ダグの見直しでページを見やすくしました。
00/06/22 症例集の追加
00/06/20 改訂3版のアップロード、index pageの全面改訂と症例集の登場、link pageの設定。
00/06/09 FAQの一部修正
00/06/01 Introductionの地図を一部変更
00/05/31 Introductionへ地図を追加
00/04/16 FAQのフォントの修正
00/04/04 FAQの一部修正
00/04/01 更新の履歴のページを追加
00/03/26 JavaScriptの追加
00/03/23 全面的な変更をした改訂版のアップロードをしました。
00/02/14 一部、修正を行いました。
00/02/08 このサイトのアップロードしました。



好田矯正歯科 茨木市駅前1-2-24  TEL 0726-20-6048                                
      ●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医  
Copyright 2000  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
. Since  8 February 2000