FAQ40

Home   >   FAQ40

  
Q40.各医院によって矯正の費用の明細が違うようです。その違いを教えてください?
  矯正歯科治療は自由診療といって、治療の内容や費用の設定は医院の独自の考えで自由に行ないます、だから各医療機関において費用には差がでてきます。 費用の明細は以下のもの考えられます。

@検査料=3-10万円 
     

A矯正料(基本料金)=50-120万円


B装置料(セラミック装置の割増料やリンガル矯正の装置料等)=5-10万円

医院によってはこの料金を設定している場合があります。Aの矯正料に含まれているという場合も多いです。
私は  AとBは一体の料金設定の方が患者さんには理解し易いと考えます。


C再診料(または調節料、観察料)=来院ごとに2000-8000円
再診料を設定していない医院の場合、A矯正料金のみの一括料金となります。 費用が高く設定される場合が多いようです 一方、再診料を設定している医院の場合、A矯正料を安く設定することが可能です。 再診料はA矯正料を補完することができるからでしょう。 また、費用の分割の意味と、難易度の高い症例と易しい症例で多少の料金の差をつける意味もあります。 患者さんとすればAの矯正料金が安い方が”取っ付き”が良いでしょう!

D保定装置料=3-5万円
矯正治療を終了するときに設定される場合があります。A矯正料に含まれている場合が多いのではないかと思います。ここまで細かく設定すると患者さんにはわかりにくいのではないでしょうか? 

E口腔衛生指導料=?
こんな細かい料金設定はあまり一般的ではないのではないかと思います。

結局、ABDEは一体のものとお考え頂いて、あとC再診料(調節料、観察料)の有無が大きな違いになるとお考え下さい。 
 
私の個人的見解は、費用の設定は簡単にして患者さんに理解しやすいものが良いと考えています。 
細かな設定は患者さんに不必要な心配をかけるだけだと思います。 
ただし、再診料は設定されている方が矯正基本料金を低くしやすいので患者さんには受け入れやすいと考えています。 
好田矯正歯科の料金表をご覧になりたい場合はここから。)
 
以上はあくまで成人の矯正治療の費用の設定で、小児矯正はことなります。 

 


Home |治療費|成人症例|小児矯正| 医院と院長紹介|矯正装置について|画像”新”掲示板|更新情報|TAD|
|矯正治療の知識|ハイテク診断CT撮影 | 旧掲示板 | リテーナー | Q&A |装置| サイトマップアクセス

好田矯正歯科 大阪府茨木市駅前1-2-24  TEL 072-620-6048   
●サイトの作製責任者 院長 好田春樹  歯学博士 日本矯正歯科学会認定医 日本矯正歯科学会専門医    
Copyright(C) 2000-2008  Dr.Haruki Kohda & Kohda Orthodontic Office All Rights Reserved 
Since 10 February 2000